FC2ブログ

2月5日(水)からの作品

《2月5日からの光音座Ⅰは「関根和美特集」!》

『White room ~止まらない愛~』
監督・脚本:関根和美
出演:哀田 剛 山本清彦 梅宮さやか 風間今日子 寺島京一 片岡 圭 杉本まこと

会社員の隼人とフリーターの竜也は同棲中。
愛し合うふたりはいつか自分たちの店を持つのが夢。
今朝も竜也に見送られ出勤する隼人。
その背後に、見知らぬ女の影が…。
一方、部屋でひとり求人誌を読む竜也。と、玄関のチャイムが。
ドアを開けると、そこには見知らぬ女。
“どなたですか?”“わたしよ、竜也。忘れちゃったの? …藤田だよ。藤田モリオ”
それは竜也のかつての恋人、藤田であった
藤田は全身整形をして女の姿になっており、いまはさやかと名乗っていた。
さやかはつきあっていた男とケンカをしていくあてがないのでしばらくここに居させて欲しいという。
戸惑う竜也だが、隼人は快諾。
しかし居候の身分で横柄に振る舞うさやかに、ふたりは次第に辟易することに。
そんな折、隼人が部長の娘とお見合いをすることに。竜也はショックをうけ、家を飛び出してしまう。
公園でひとりたそがれる竜也。そこに謎の男が…。


p_op_whiteroom.jpg


『one night tune -俺たちの伝言-』
監督:関根和美 脚本:金沢勇大
出演:長谷川建一 なかみつせいじ 竹本泰志 野村貴浩 
那波隆史 山科 薫 石堂真吾 佐々木麻由子 牛越秀人 悟志

Pink triangleは様々なジャンルのミュージシャンが日夜ステージに上がり、音楽好きたちから愛されるライブハウスである。
しかしマスターの康平は、近日中に閉店を決めていた。
“なんでやめちゃうの?”“飽きたから”
“やめてなにすんの?”“世界一周旅行”
うそぶく康平。だが本当は、康平の体は病に蝕まれ余命幾ばくもないのであった。

ある晩、康平が店を閉め表へ出ると、突然目の前に怪我を負った若者が躍り出た。
なにかしら事情があることを察した康平は浩人を招き入れ、治療をする。
翌朝病院へ行くように促す康平。だが浩人は拒み、出て行こうとする。
が、痛みにうずくまってしまう。康平は何も聞かず浩人をしばらく置いてやることにした。

《狭間のランチ(仮)》。康平の手元にあるこの未完成の譜面は、康平のかつての恋人誠が書いたものだった。
Pink triangleの最後のステージは、この曲をやりたい。
それが康平の唯一の心残りであった。かつてのバンド仲間に電話をかける康平。だがメンバーはちりぢりになっており誠の消息もつかめない。
そんな折、閉館を聞きつけたブルースシンガーの美香が駆けつける。
美香は康平の想いを汲みバンド結成に力を貸すのであった。
ヴォーカル、ドラム、ベース…次々に集まるメンバー。残るはギターだけ。
と、浩人がギターを弾けることがわかり、白羽の矢が。
バンドに加わった浩人。だが、彼を追う者が…


p_op_one night tune



-上映時間-

『White room ~止まらない愛~』 11:05 / 13:15 / 15:30 / 17:40 / 19:50
『one night tune -俺たちの伝言-』 12:15 / 14:25 / 16:40 / 18:50
★金・土オールナイト
『one night tune -俺たちの伝言-』  21:05 / 23:20 / 1:30 / 3:45
『White room ~止まらない愛~』  22:05 / 0:20 / 2:35

『大阪のひと』 ③

忍の後押しをうけ、劇団のオーディションをうける京介。
だが、結果は落選。
“やっぱりおれは三流や…”京介は意気消沈する。


大阪のひと 13


忍もまた、京介のオーディション落選で虚無にとらわれていた。
気分を変えるため、忍と京介は京都へ旅行にいくことに。
だが、忍は土壇場で踏みとどまる。
京都はチャーリーが住む町。
忍には、いまだにどうしても心の整理がつかないのであった。


大阪のひと 20


ある日、忍の前に若い男が現れる。
男は自分は京介の元恋人だといい、アキラが来たと伝えてくれという。
“京ちゃん、アキラゆう子知っとる?京ちゃんに会いたいってゆうてたよ。なに、あのこ?”
“昔の友達や”
京介の言葉に、忍の心は…。


大阪のひと 17

『大阪のひと』 ②

強盗の青年は忍のもとから飛び出したものの、電信柱の陰から様子をうかがい、忍のあとを追う。
青年に気づいた忍は手招きをし、一緒にアパートへ。
忍は青年の身の上話を聞く。


大阪のひと 8


青年の名は京介。
芸能界を目指しダンスホールで働いていたが、女に体を売って小遣いを稼ぐような連中が許せず飛び出したのであった。
そんな京介にシンパシーを覚えた忍は京介を住まわせ、自分の店で働かせる。


大阪のひと 11


忍はもう一度京介に芸能界への道を志すようにうながし、稽古場を貸し与える。
そして京介に日舞を教える。
厳しい指導に音を上げる京介。
オーディションの日は近づいていた。


大阪のひと 12

『大阪のひと』 ①

“ヘイ、チャーリー。京都はまだ寒いか?大阪も寒いわ。チャーリー、あんたと作ったこの店、昔のまんまや…”

チャーリーズハウス。
大阪北区の繁華街にポツンと佇むこのゲイバーは、忍がひとりで切り盛りしていた。
忍を気に入り、なかば愛人として高い金で引き抜こうとする者もいたが、忍は固辞していた。
チャーリー。京都へと去っていった、帰るはずもない男を待って…。


大阪のひと 1


ある晩、客のひとりもいない静かなバーで、忍は閉店準備をしていた。
そこへ突然、何者かが包丁を片手に飛び込んできた!
ひどく興奮した様子のその強盗は、見るとまだ若そうだった。
“黙って銭出さんかい!”
すごんでみせるも、どこか迫力に欠ける。
“持っていき”
忍はわずかばかりの売り上げを、すべて差し出した。


大阪のひと 4


“上等やないけ!”
若者はかえって逆上し、つかみかかろうとする…が、意識を失うのであった。
朝。
若者が目を覚ますと、見知らぬ部屋の蒲団の中にいた。
“おはよう”
挨拶をするのは忍であった。
そう、ここは忍の部屋。
昏倒した強盗を、忍が連れて帰り、介抱していたのだった。
若者はしばらく様子をうかがっていたが、やがて黙って部屋を出るのであった。


大阪のひと 6

1月22日(水)からの作品

『one night tune -俺たちの伝言-』
監督:関根和美 脚本:金沢勇大
出演:長谷川建一 なかみつせいじ 竹本泰志 野村貴浩 
那波隆史 山科 薫 石堂真吾 佐々木麻由子 牛越秀人 悟志

Pink triangleは様々なジャンルのミュージシャンが日夜ステージに上がり、音楽好きたちから愛されるライブハウスである。
しかしマスターの康平は、近日中に閉店を決めていた。
“なんでやめちゃうの?”“飽きたから”
“やめてなにすんの?”“世界一周旅行”
うそぶく康平。だが本当は、康平の体は病に蝕まれ余命幾ばくもないのであった。

ある晩、康平が店を閉め表へ出ると、突然目の前に怪我を負った若者が躍り出た。
なにかしら事情があることを察した康平は浩人を招き入れ、治療をする。
翌朝病院へ行くように促す康平。だが浩人は拒み、出て行こうとする。
が、痛みにうずくまってしまう。康平は何も聞かず浩人をしばらく置いてやることにした。

《狭間のランチ(仮)》。康平の手元にあるこの未完成の譜面は、康平のかつての恋人誠が書いたものだった。
Pink triangleの最後のステージは、この曲をやりたい。
それが康平の唯一の心残りであった。かつてのバンド仲間に電話をかける康平。だがメンバーはちりぢりになっており誠の消息もつかめない。
そんな折、閉館を聞きつけたブルースシンガーの美香が駆けつける。
美香は康平の想いを汲みバンド結成に力を貸すのであった。
ヴォーカル、ドラム、ベース…次々に集まるメンバー。残るはギターだけ。
と、浩人がギターを弾けることがわかり、白羽の矢が。
バンドに加わった浩人。だが、彼を追う者が…


p_op_one night tune


『大阪のひと』
監督:石川 均 脚本:沢木毅彦 石川 均
出演:西城 忍 ジミー小林 伊藤正彦 竹内久和 嶋田圭介

“ヘイ、チャーリー。京都はまだ寒いか?大阪も寒いわ。あんたと作ったこの店、昔のまんまや…”
チャーリーズハウス。大阪北区の繁華街にぽつんとたたずむこのゲイバーは、忍ママがひとりで切り盛りしていた。
ママを気に入り、なかば愛人として引き抜こうとするものもいたが、忍は固辞していた。
チャーリー、京都へ消えていった、帰るはずもない男を待って…。
客の途絶えた店内で閉店準備をする忍の前に、突如現れた強盗。
まだ若いその強盗は、売上金を奪った刹那、倒れてしまう。
忍はその若い強盗の面倒をみることに。
忍とその強盗、京介との奇妙な生活がはじまる。


poster_osaka.jpg


-上映時間-

『one night tune -俺たちの伝言-』 11:00 / 13:15 / 15:25 / 17:35 / 19:45
『大阪のひと』 12:15 / 14:25 / 16:35 / 18:45
★金・土オールナイト
『大阪のひと』  20:50 / 22:55 / 1:00 / 3:05
『one night tune -俺たちの伝言-』  21:50 / 23:55 / 2:00 / 4:00
◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆