FC2ブログ

4月3日(水)からの作品

4月3日~4月16日

『新ハッテンバ・ラブ・ストーリー』
監督:山本竜二
脚本:月岡よみ
出演:山本竜二 石井基正 
池島ゆたか 神戸顕一
山科 薫 森山龍二 木元博文 木澤雅博
熊谷孝文 吉村 卓 渡辺幸次 鈴木裕太
秋山 豊 安田健弘 萩元優彰 田口あゆみ 槇原めぐみ

ゲイ映画の制作会社の社長を務める山本竜二は悩んでいた。
これといったモデルがおらず、作品に行き詰まっていたのだ。
ネタ探しのために入った有料ハッテン場で山本は、近所の公園がいまホットスポットとなっていることを知る。
真夜中、取材へ訪れた山本はそこで若く美しい男に男たちが群がる姿を見る。
さっそくカメラをまわす山本。だが、見つかってしまい…


ph_hatten2_t20.jpg
制作会社社長役の山本竜二


4月16日(水)まで

『炎馬の如く』
監督:小林 悟
脚本:山瀬よいこ
出演:寺田 誠 加賀真也 村井智丸 
木村祐介 小池 結 千広哲也 坂入正三 港 雄一

美山幸二。いたってふつうのサラリーマンである彼は、今日も定時で帰宅し夕食をとろうとしていた。
だが、郵便受けに入っていた父親からの手紙を読むと、彼の様子は一変する。
彼の心の奥底には、できのいい兄に対するコンプレックスと兄をえこひいきする父親に対する激しい憎悪が渦を巻ているのだ。
そんな幸二が家を飛び出しバーで飲んでいると、取巻きたちから“若”と呼ばれもてはやされている男に遭遇した。
社長の息子で羽振りのいい若こと相馬に兄をだぶらせる幸二。
ついちらちらとのぞき見してしまう。
そんな幸二に相馬は因縁をつけ、無理やり服を脱がせると、取巻きに命じてレイプさせた。
幸二の心の奥底でくすぶっていた鬱屈とした想いは、相馬に対する復讐の炎と化した。
相馬の電話番号を調べ、延々と無言電話をかけ続ける幸二。
あまりにしつこい幸二に、次第に理性を失っていく相馬。
やがてふたりは超えてはいけない一線をこえ…


キャプチャ012
平凡なサラリーマンの内奥に潜む狂気


-上映時間-

『炎馬の如く』 11:05 / 13:15 / 15:25 / 17:35 / 19:50
『新ハッテンバ・ラブ・ストーリー』  12:15 / 14:25 / 16:35 / 18:45
★金・土オールナイト
『新ハッテンバ・ラブ・ストーリー』  20:50 / 22:55 / 1:05 / 3:05
『炎馬の如く』  21:50 / 23:55 / 2:05 / 4:05

『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』③

千秋に言われたとおり、映画館へやってきた山本。
席に座るとすかさず男たちが両脇に。
払いのけるが男の執拗に食い下がる。
ついに根負けして身を預ける山本。だがそこに探し求めた青年、基正が!
なんとか股間にくいつく男を振り払い、ようやく基正にたどり着いた山本は、想いを告げる。
“好きなんだ、こんな気持ちはじめてなんだ!”
だが山本の懸命の告白も、基正の耳には入らない。
“ぼくは誰にも束縛されたくない。ぼくがいう自由で気ままな恋愛を教える”といって、基正は落胆する山本を住処へといざなう。


00012.jpg


基正と山本は一件の旅館にたどり着いた。
基正はもう1年も前からずっと泊っているという。
旅館では男たちが絡み合っていた。
基正はいう。ここはぼくたちの社交場なんだ。気ままな連中がどこからともなく集まって抱き合ってる。
おじさんも適当に楽しんでいきなよ。
男たちに体を弄ばれる山本、それを見下ろして笑う基正。
快感と欲望だけが支配する男の世界。
そこに愛はあるのか。山本は自問する。


00020.jpg


“山本先生だね。今日は学校を休んだそうじゃないか。おおかた仕事をさぼってハッテン場をうろついてたんだろ?このスケベホモが…”
山本を脅迫する謎の声。千秋の兄貴分、池島であった。
池島は山本に、ホモであることをばらされたくなかったら200万円用意しろという。
山本は基正に、脅迫されていることを打ち明ける。
それを聞いた基正が立ち上がる。
ゆるせねぇ、あいつら…!!
いこう、おじさん!あいつらのところへ!
基正と山本は千秋池島コンビに対決を挑むが…


00023.jpg

『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』②

青年を追い求める山本。
だが彼の前に現れるのは別の男ばかり。
それもみなひと癖もふた癖もある連中。
山本もほとほと疲れてしまった。
そんな山本に同僚の女性教師は誘いをかけるが、山本はどこ吹く風。


006.jpg


またしても青年と会ったトイレを訪れる山本に、見知らぬ男が声をかけてきた。
“おじさんもしかして、入れ墨の入ったかわいい子を探してるんじゃない?”
“教えてあげてもいいけど、ただじゃねぇ…”
山本がどうすればいいか尋ねると、男は山本の体を求めてきた。


007.jpg


男とホテルへ入った山本は、行為のあとに青年の名前と行きつけの映画館を聞き出すことに成功した。
青年の名前は基正。
浮かれてシャワーを浴びる山本。
だがその頃、男は山本の財布を物色していた。
男はその中にあった山本の名刺を拝借し、ほくそ笑んだ。
そしてその時、奥からなにやら胡乱な男が。
“どうだ千秋、うまくいったか”
“学校の先生だってさ”
“これはまた、たんまり踏んだくれそうだな”
“やったね、アニキ”
一体この男は何者なのか、そして山本の運命は!


0011.jpg

『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』 ①

0003.jpg


学校のチャイムが鳴る。下校の時間だ。
ひとりの男性教師が歩いてくる。
“私は山本竜二、36歳。都内の中学校で数学を教えている教師だ。
この歳になってもまだ結婚はしていない。それというのも…”
同僚の女性教師たちが山本に声をかける。
“山本先生!たまには一緒に飲みにいきません?”
だが、つれなく断る山本。
“それというのも…私はどうしても女を好きになれない体質だからである。私は同性愛者。隠れホモという人種なのである”


0002.jpg


夜の公園。
山本が歩いてくる。
“今夜もまた、ここにきてしまった。もしかしたらまた会えるかもしれないと思うと…”
数日前、山本はこのハッテン場でひとりの青年と出会った。
山本はその青年に恋をしてしまったのであった。


0005.jpg


上半身裸の青年は山本の視線に気づくと、デニムをおろし、股間をまさぐりだす。
そして個室へと手招きする。
山本の体に貪りつく青年。
山本はじきに果ててしまった。
“君、名前なんていうんだい?また会いたいんだ”
山本は問いかける。だが青年は
“またいつか会えるよ。おやすみおじさん”
とだけ言い残し、去っていった。
どうしてもまたあの青年に会いたい。
山本は祈るが…




『3月20日(水)からの作品』

3月20日~4月2日

『炎馬の如く』
監督:小林 悟
脚本:山瀬よいこ
出演:寺田 誠 加賀真也 村井智丸 
木村祐介 小池 結 千広哲也 坂入正三 港 雄一

美山幸二。いたってふつうのサラリーマンである彼は、今日も定時で帰宅し夕食をとろうとしていた。
だが、郵便受けに入っていた父親からの手紙を読むと、彼の様子は一変する。
彼の心の奥底には、できのいい兄に対するコンプレックスと兄をえこひいきする父親に対する激しい憎悪が渦を巻ているのだ。
そんな幸二が家を飛び出しバーで飲んでいると、取巻きたちから“若”と呼ばれもてはやされている男に遭遇した。
社長の息子で羽振りのいい若こと相馬に兄をだぶらせる幸二。
ついちらちらとのぞき見してしまう。
そんな幸二に相馬は因縁をつけ、無理やり服を脱がせると、取巻きに命じてレイプさせた。
幸二の心の奥底でくすぶっていた鬱屈とした想いは、相馬に対する復讐の炎と化した。
相馬の電話番号を調べ、延々と無言電話をかけ続ける幸二。
あまりにしつこい幸二に、次第に理性を失っていく相馬。
やがてふたりは超えてはいけない一線をこえ…


キャプチャ012
父の手紙に手が震える幸二

キャプチャ014
相次ぐ謎の電話に相馬は…


『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』
監督:山本竜二
脚本:五代響子
出演:山本竜二 石井基正 南条千秋 池島ゆたか
セリーヌ菅 山科 薫 橋本杏子 萩本優彰 いわぶちりこ
秋山 豊 沢崎裕昭 佐々木正則 カサイ雅弘 
橋口卓明 瀬々敬久 渡辺元嗣 佐藤寿保

山本竜二、36歳。都内の中学校で数学を教える彼は、いまだ独身。
なぜなら彼は、男を愛する男だから。
今宵もひとけのない公園の公衆トイレを訪れる山本。
また来てしまった…山本はため息をつく。数日前にこのトイレで出会った青年のことが忘れられないのだ。
もう一度彼に会いたい…だが青年は姿を見せない。
たそがれる山本に、千秋と名乗る男が声をかける。
千秋は山本が探している青年を知っているという。
教えるかわりにと、山本の体を求める千秋に身を任せる山本。
千秋から青年の名前が基正であること、ある映画館によく出没することを聞いた山本は、上機嫌でシャワーを浴びる。
だがそのとき、千秋は山本の財布を物色し、名刺を抜き取っていた。
さらに千秋の背後から危険なにおいのする男の影が…。
はたして山本は無事に基正と再会し、思いのたけを伝えることができるのか!


ph_hatten_t04.jpg
ハッテン場で運命の出会いをとげた山本は…


-上映時間-

『炎馬の如く』 11:05 / 13:15 / 15:30 / 17:40 / 19:50
『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』  12:15 / 14:25 / 16:40 / 18:50
★金・土オールナイト
『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』  21:05 / 23:20 / 1:30 / 3:45
『炎馬の如く』  22:05 / 0:20 / 2:35


◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆