fc2ブログ

『僕らの学園 禁欲』 ②

教室で待ちぼうけるタカユキ。と、そこへアキラ登場。
煙草を吸いさんざん悪態をつくアキラに顔をしかめるタカユキ。
翌日。
マンツーマンで英語の授業。
だがアキラは真面目に授業をうけようとせず、あろうことか教卓に放尿をする始末。
タカユキの我慢はすでに限界に達しようとしていた。


僕らの学園-19


教室を立ち去ったアキラはその足でスナックへ。
日の高いうちから酒を飲むアキラ。
一方セピア色に染まった頃、タカユキはまだ教室にいた。
夜。タカユキはまだ教室。そのまま眠ってしまう。
翌朝、電話に呼び出されたタカユキ。
スナックからだった。
“クソガキめ、酒なんか飲みやがって…”


僕らの学園-22


泥酔したアキラを教室に連れ帰るタカユキ。
“水くれよ水!”
アキラの怒声にタカユキは花瓶から花を抜き、水をアキラの頭にかける。
“なにするんだホモ野郎!くそ、二日酔いだ”
と、そこへアキラの仲間たちが。
“アキラ借りてくぜ 今日は休みにしな”
そういうと彼らは出て行ってしまう。
夜。タカユキはトニーに手紙を書く。
《…ここにきて6日しかたっていないのにもうやめてもいいと思い始めています。トニー、君はぼくが東京を発つとき先生なんかやめてしまえっていったよね。でもあのときはまだ教師としての可能性を持っていたんだ。だから禁欲生活にあえて立ち向かおうとしていたんだ。だけど、この6日間でぼくの存在が、ホモという存在が、かえって教壇には悪影響だけを残すのじゃないかと思い始めている。でもその反面、耐えることができるのなら、もっと立ち向かっていきたいとも思っている。でも自信がない。トニー教えてくれ。ぼくたちは人類にとって余分なものなのか?疲れたよ。たったひとりの生徒が、2日も帰って来ないんだ…》


僕らの学園-23

『僕らの学園 禁欲』 ①

“それじゃ、これが最後の乾杯にしようぜ”
ふたりの男がカウンターを挟んで乾杯する。
“ひでえ話だな、まったく”赤い革ジャンにサングラスをかけた男、トニーがいう。
“まあいいじゃない。こんな都会にどっぷり浸かっていたらもやしになってしまうよ”と、もうひとりの男。
彼の名はタカユキ。教員である。
ゲイであることが経営者に知られ、疎んじられたタカユキは夏の間辺境の学校へ赴任させられようとしているのであった。
“それにしてもあんな山ん中にいかされるなんて、地獄へいくようなもんさ。あんな学校やめたら”
“都会のごみ溜めに比べたら天国かもしれないね”
“地獄さ”
“天国”
“地獄”
“天国”
“地獄…”
言い合ううちに酔いが回ったタカユキ。
ソファで眠りだす彼を介抱しながら、トニーはその肉体を愛撫するのであった。


僕らの学園-6


山道を走る車がとまる。
“降りるんだよ!このガキゃ!このクソガキが!”
助手席から青年が引きずり降ろされ殴る蹴るの暴行をうけ、股間をわしづかみにされる。
“二度と俺の妹に近づくな。もし誘惑したりしたら今度は貴様のキンタマ握り潰すぞ!わかったか!学校ぐらいいけこの野郎!”
そういうと運転していた男は青年を置き去りにして去っていく。
公園で傷口を洗う青年。
“…ブスでフーテンの妹と寝たからって、あんなに怒ることねえじゃねーか。いまごろは他の野郎とおねんねしてるに違いねえのによ…あーあ、今頃は海や山で家族や友達とぎゃーぎゃー騒ぎながら夏休みを過ごしてるはずなのによ。ついてねーよな、まったくよ。でもおれってどうしてこんなに落ちこぼれになっちまったんだ?こんな辺鄙なところでひと夏でも青春を過ごすなんてまっぴらだ…もし英語の特別補習をすっぽかせば少年院が待ってるし。あーあ。どっちにしても俺を待ってるのは地獄だけ。今日から禁欲生活か”


僕らの学園-13


山奥の辺鄙なところに校舎がたっていた。
校舎はところどころガラスが割れ、ずいぶんと傷んでいる。
訪れたタカユキは校舎を見上げ思う。
“名前だけは立派だが日本中の落ちこぼればかりを集めて高い授業料をとってる学校じゃないか。特に今年の夏は落ちこぼれ中の落ちこぼれ、丸山あきらひとりを特別補習と称してこの山の分校に閉じ込めようというんだ。ついでにこの僕も山の中に封じ込めれば一石二鳥というところか。学園経営者たちはホモということだけでぼくをクビにできないので、ひと夏、こんなところへ落ちこぼれ中の落ちこぼれと置いておけば僕の方からやめていくと考えたに違いない…それにしてもあのガキ、いつまで待たせるんだ”
生徒がくるのを待ちながら、タカユキはひとりごちるのであった。


僕らの学園-16

1月31日(水)からの作品

1月31日~2月13日

『境界線の向こう側』
監督:小谷内郁代
脚本:小谷内郁代 今村千絵
出演:八幡現代 西岡秀記 佐々木麻由子 麻生みゅう 野上正義 佐野和宏 森山龍二

ヒロシとトシヤは同棲中。ある日、ヒロシは父が余命わずかであることを知る。
「孫の顔が見たい」という父の言葉に悩むヒロシにトシヤは「自分と別れて女と結婚すれば」という。
思案の末、ヒロシは同性愛者専用の偽装結婚サイトを見つけ、似たような理由でパートナーを探している教員の綾子と知りあう。
意気投合したふたりは偽装結婚を決意。
だが彩子の恋人、亜美がやってきて猛反対。
その上予想外の災難がヒロシに降りかかり…


kyoukai.jpg


『僕らの学園 禁欲』
監督・脚本:小林 悟
出演:白戸正一 坂入正三 朝田淳史 芳田正浩 東小夜子 沢まどか

貴之は私学の英語教師。
同性愛者であるがゆえに経営陣から煙たがられていた彼は、夏休みの補習担当として、なかば廃墟のような山奥の分校へ配属される。
彼が受け持ったのは問題児のアキラ。
補習をうけなければ少年院行きとなる彼は仕方なく出席するが、まるで授業を受ける気がない。
それどころか喫煙や飲酒、様々な妨害で貴之を苦悩させる。
悪辣なアキラの妨害は日を追うごとにエスカレート、ついに我慢の限界をむかえた貴之は…


僕らの学園ポスター


上映時間
『境界線の向こう側』 11:00 / 13:10 / 15:25 / 17:40 / 19:55
『僕らの学園 禁欲』 12:10 / 14:25 / 16:40 / 18:55
オールナイト
『僕らの学園 禁欲』 21:05 / 23:20 / 1:35 / 3:50
『境界線の向こう側』 22:10 / 0:20 / 2:35

『狼の獲物たち』

7月21日、早朝。
青年が目を覚ます。
背中を流れる滝のような汗。
セックスもこんな感じなのだろうか。ふと青年は思う。
町をゆく青年。
古びた情緒のある街並み。だが青年は、古くてカビの生えたような町だと評する。
青年には人々の目がまるで好奇のまなざしを向けているように思われる。
そうさ、ぼくは皆と違う…。
“やっぱりぼくはゲイ? ゲイだよね。誰か教えてよ…”


狼の獲物たち-3


7月23日。
青年は町の広場に座っていた。
そこには大勢の男達が。
均整のとれた体つきにうっとりとする青年。
その中に写真を撮る男が。
“やめろ、撮るな、怖いよ”
逃げ出す青年。
“僕はゲイだよね ゲイなんだよね”
青年は自問自答を繰り返す。


狼の獲物たち-4


シャワーを浴びる青年。
その間もずっと彼は自問自答を繰り返していた。
“明日あの店にいこう いや今夜だ”
青年は思い切ってゲイバーへ。
大勢の男たちの視線が集まる。
青年はバーテンダーとのセックスを夢想する。
“テーブル椅子グラスすべてセンスがいい”
そのうちひとりの男が青年に声をかけてきた。
彼はジムのインストラクターだった。
青年は彼についていくことに…。


狼の獲物たち-5

1月24日(水)からの作品

1月24日~30日

『僕らの学園 禁欲』
監督・脚本:小林 悟
出演:白戸正一 坂入正三 朝田淳史 芳田正浩 東小夜子 沢まどか

貴之は私学の英語教師。
同性愛者であるがゆえに経営陣から煙たがられていた彼は、夏休みの補習担当として、なかば廃墟のような山奥の分校へ配属される。
彼が受け持ったのは問題児のアキラ。
補習をうけなければ少年院行きとなる彼は仕方なく出席するが、まるで授業を受ける気がない。
それどころか喫煙や飲酒、様々な妨害で貴之を苦悩させる。
悪辣なアキラの妨害は日を追うごとにエスカレート、ついに我慢の限界をむかえた貴之は…


僕らの学園ポスター


『狼の獲物たち』

監督:ザヴィエル 脚本:スティーヴ・ビルフィールド
出演:ヨハン・ポーリック クリスチャン・ジェンセン エリク・コヴァク
パヴォル・メリス ダニエル・ヴァレント マーティン・ヴォルコー 
アラン・グレスカ マーク・スミノフ アンドレイ・ミリク リボー・カメンスキー

自分は同性愛者ではないかと悩む青年ダニエル。
彼が住む町は古く保守的で、同性愛者は偏見の目で 見られており、ダニエルは孤独を感じていた。
そんなある日ダニエルは思い切って単身ゲイバーへ乗り込む。
普段と違う男たちの視線に陶酔を覚えるダニエル。真夏の冒険が幕を開ける…


狼の獲物たち-ポスター


上映時間
『僕らの学園 禁欲』 11:15 / 13:25 / 15:35 / 17:45 / 19:55
『狼の獲物たち』 12:25 / 14:35 / 16:45 / 18:55
オールナイト
『狼の獲物たち』 21:10 / 23:25 / 1:35 / 3:50
『僕らの学園 禁欲』 22:10 / 0:25 / 2:35
◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆