『NUDE MAN 麗人に乾杯』 ②

春。
大学入学のために上京してきた優作は、不動産屋から紹介された部屋に入った。
するとそこにはひとりの美少女の姿が。
おかしい、ルームシェアの相手はたしか男だったはず…。
いぶかしむ優作に、少女は青葉カオルと名乗った。


NUDE MAN-4


どこからどう見ても少女にしか見えないカオル。
だが、実は男性であった。
カオルは父親の会社を継ぐのが嫌で反発して家を飛び出し、女装することで抵抗しているのであった。
ルームメイトが男だと聞かされ、胸を高鳴らせていた優作からすると、カオルの存在はとんだ肩透かしであった。
それもそのはず、優作は男らしい男が好きなゲイだったのだ。


NUDE MAN-13


大学に入学した優作に様々なサークルが勧誘の声をかけてくる。
その中でも特に熱心に優作を誘ったのが、ボクシング部のキャプテン大西であった。
誘いを受けてボクシング部に入部する優作。
大西は優作に目をかけて、マンツーマンの指導をする。


NUDE MAN-8

『NUDE MAN 麗人に乾杯』 ①

大学のボクシング部。
リングの上でひとりの青年がボクサーから脅されている。
気に入らねぇんだよ、てめぇがカオルとつきあうのが!てめぇ男にしか興味ねぇんじゃなかったのかよ!


NUDE MAN-1


ボクサーの名前は落合。
脅されている青年の名は優作。
いまにも殴り飛ばされそうなところに、美少女が止めに入った。
その美少女こそカオルである。
カオルの仲裁で、落合と優作はスパーリングをすることとなった。


NUDE MAN-2


ボクシング部のキャプテン大西の熱心な勧誘によって入部することとなった優作。だがそもそも彼はボクシングには関心がなかった。
優作が好きなのは、男らしい男。
それなのに、カオルとつきあっているというあらぬ疑いをかけられて、落合と殴り合うはめに…。


NUDE MAN-6

11月1日(水)からの作品

★11月1日~11月14日
『光る少年』
監督:小川和久 脚本:池袋高介
編集:酒井正次 製作:小川企画プロダクション 配給:大蔵映画株式会社 提供:オーピー映画
出演:香木健二 工藤正人 姿 良三 小林信矢 青木和彦 風間ひとみ 久須美欽一 山本竜二 堺 勝朗

【解説】
ゲイバーのマスター国木田のもとに届いた一通の手紙。差出人は15年前に生き別れた息子シンジであった。
上京してプロのミュージシャンを目指す。同居させて欲しい。
そう書かれたシンジの手紙に国木田は動揺する。
ゲイバーの共同経営者であり国木田と同棲中のマサトは、国木田に妻子がいたことに激しくショックをうける。
ゲイであることやマサトとの関係をシンジに打ち明けるべきか…。
苦悩する国木田の前に美しい青年に成長したシンジが現れる。


p_op_hikaru1[1]


-11月14日まで-
『NUDE MAN 麗人に乾杯』
監督:平川弘喜 脚本:沢木毅彦
撮影:河中金美 二本松昭彦 照明:森久保雪一 坂本 太
助監督:伊藤博之 編集:酒井正次
制作:雄プロダクション 配給:ENKプロモーション
出演:岬かおる 速水健二 川上健二 松永朗子 奥田 茂 前島 徹 佐藤 博
市川昭文 矢野晴彦 尾加野忠彦 坂上雅一 鶴田義直

【解説】
大学入学のために上京してきた優作。
不動産屋から紹介された部屋に入ってみると、そこには美少女が。
ルームシェアの相手はたしか、男だったはず…まさかこの娘が!?
わけあって女装して暮らす薫と、男らしい男が好きなゲイの優作の、奇妙な共同生活。
正反対なふたりは周囲からつきあっていると誤解されて…。
平川弘喜監督の傑作青春ゲイラブコメ!


p_nudeman[1]


-上映時間-
『光る少年』 11:10 / 13:20 / 15:30 / 17:40 / 19:50
『NUDE MAN 麗人に乾杯』 12:20 / 14:30 / 16:40 / 18:50
★金・土オールナイト
『NUDE MAN 麗人に乾杯』 20:55 / 22:55 / 1:00 / 3:05
『光る少年』 21:50 / 23:55 / 2:00 / 4:05

『ベイブリッジ 慕情』 ③

ジョニーに平手打ちされ逆上したトニーは鷹取の家に駆けこみ、ジョニーを解雇するように頼み込む。
ジョニーと鷹取は昔、恋人同士であった。
だが、とある出来事がきっかけで別れ、以来マスターとボーイという関係に落ち着いていた。
ジョニーを許すことができないでいる鷹取だが、一方でジョニーの誠実さも信じていた。
目を覚ませ、そう言うと鷹取はトニーに平手打ちをした。
痛む頬を押さえ、自殺をほのめかすトニー。
そんなトニーを鷹取は優しく抱いた。


ベイブリッジ36


鷹取の店にコンドルを訪ねてひとりの女がやってきた。
女は有名な宝石商の一人娘であった。
女はコンドルに上客を紹介してもらう代わりに安く宝石を卸しているのであった。
女から安く宝石を仕入れ、色を付けて転売すれば…儲け話にさっそくトニーが食いついた。


ベイブリッジ38


トニーの勧めで女から宝石を仕入れた鷹取。
店でコンドルが紹介する女にその宝石を売りさばき、アタッシュケースいっぱいの札束を手に入れた。
アタッシュケースを鷹取のもとへ届けるジョニー。
鷹取の家では鷹取とコンドルが寿司をつまんでいた。
しかし、アタッシュケースの中身は…。


ベイブリッジ45

『ベイブリッジ 慕情』 ②

いきなりナイフを持って襲いかかってきたのはなんとトニーであった。
取っ組み合いの末ナイフを取り上げるコンドルに、こいつは悪い奴だと叫ぶトニー。
そんなトニーを突き放し、鷹取とコンドルは消える。


ベイブリッジ15


山手、元町、中華街…。デートのようなひと時を過ごす鷹取とコンドル。
ナイトクルージングのあと、ふたりはベッドに入る…。


ベイブリッジ21


一方そのころ、鷹取のバー。
勝手に酒を飲み酩酊したトニーは独断で店を閉めてしまう。
もうひとりのボーイ、ジョージが問い詰めると、トニーはマスターが遊び歩いているからと言い訳をする。
そんなトニーにジョージは平手打ちをする。


ベイブリッジ33


◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆