『空に咲く愛の地図』 ③

ユキオはあやしい新興宗教の教祖になった伊庭の誘いで、彼の手伝いをすることとなった。
一方、富岡は上京してきたダンサー志望の青年の世話をする。
ユキオと富岡、それぞれが別々の道を進み始めたかに思われた。


空に咲く・36


富岡が世話をする青年が、凶刃に倒れた。
彼の父親の悲鳴や世間の怒号が富岡に矢のように突き刺さる。
そんな中、ユキオが伊庭のもとから500万円を持ち逃げして転がり込んできた。
ただちに金を返しにいくように告げる富岡。
だがユキオは聞かず、一緒に沖縄へ逃げようと言う。
ふたりは再び、沖縄へ飛ぶ。


空に咲く・44


沖縄でしばし自由な空気を吸うふたり。
だが伊庭はユキオを許すつもりはなく、執拗な追求はすでに沖縄まで伸びていた。
体調のすぐれないユキオ。
彼をかくまうために、富岡は知り合いの映画館を訪ねる。
ほとぼりがさめるまでここで過ごそう。富岡は言う。
だが、ユキオは日に日に衰えていく。
医者をよびユキオを診せる富岡。大病院で診察を受ける必要があるという医者。
うなされるユキオは富岡に、もう一度海が見たいと告げる…。


空に咲く・48

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆