『バナナボーイ』 ①

バナナボーイ 7


浜松・かんざんじ小劇場。
屋根裏からストリップを盗み見する青年がいる。
彼はこの劇場の支配人の息子である。
一方、楽屋には派手なドレスを着て女装した中年男。
彼こそは利根川のジン太、通称バナナボーイ。
女装をしてストリップを見せる芸で諸国を渡り歩く自称芸術家である。
このジン太、芸は確かなのだが、いかんせん男癖が悪い。
若い男の尻を見ると手を出さずにはいられないのだ。
ここでも付き人の“フルチン”を使って、支配人の息子を楽屋に招き入れて…。


バナナボーイ 5


支配人の息子に手を出したことがばれて大慌てで逃げ出すバナナボーイとフルチン。
元々が草枕のフーテン暮らし。蓄えなどあるはずもない。
東京を目指して歩き出したものの、真逆の方向に向かってしまう。
空腹は極まり、ついには道端に落ちた石がアンパンに見えるまでに。
思わずかじりつくバナナボーイ。


バナナボーイ 15


とうとうひもじさで倒れてしまったバナナボーイとフルチン。
そこへ現れた警察官。職務質問をうけるふたり。
一方、都内のラーメン屋。
電話を受ける若い女性。
兄が警察のやっかいになっているという。
この女性、なにをかくそうジン太の妹、カエデである。
なにかにつけて世話を焼かせる兄にいい加減愛想が尽きたカエデではあるが、そこは兄妹の絆。
妹の手助けでなんとか東京へ帰ることが出来たバナナボーイであった。


バナナボーイ 20

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆