『リーマンブルース』 ③

カズオのいない日々は過ぎていく。
いつものようにデスクワークに励むキイチロウ。
そこに電話が。カズオからだった。
カズオは警察のやっかいになっていた。


リーマンブルース・19


会社を飛び出し駆けつけて身元引受人になるキイチロウ。
空き巣の件は不問にした。
カズオを殴り飛ばし、もう二度と自分の前に姿を現さないように告げるキイチロウ。
その夜、キイチロウはユキを伴って浴びるほど酒を飲んだ。


リーマンブルース・21


キイチロウが退社しようとすると、部下たちの誘いが。
一緒に飲みに出かけるキイチロウの前に、カズオが待ち伏せる。
やおら倒れるカズオ。
キイチロウは無視する。
その足に縋りつくカズオ。
カズオはキイチロウにゲイであることをばらすと脅迫する。
ただならぬ空気にそそくさと散って行く部下たち。
カズオは「俺たちの思い出の場所で待ってる」とキイチロウに告げる。


リーマンブルース・25

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆