『リーマンブルース』 ①

生真面目そうなサラリーマン風の男が若い女を伴って歩いている。
夜はこれから、ムードも高まってきたかと思いきや、突然男は女を置いて帰ってしまう。
男の部屋では若い男が彼の帰宅を待っていた…。


リーマンブルース・2


この男、営業課長の土浦キイチロウはゲイであることを周囲にひた隠しにして生活していた。
同棲相手のカズオはキイチロウにカミングアウトを勧めるが、キイチロウは「それが出来れば苦労はしない」と断る。
若い女、ユキとデートをしていたのは、偽装結婚を考えていたからだ。
部長から専務の娘を紹介され、近々会うことになっており、キイチロウは焦っていた。
一方、ユキの方もキイチロウに積極的にモーションをかけて来て、ついにホテルへいくはめに。
シャワールームで懸命に股間を鼓舞するキイチロウ。もし勃たなかったらと思うと気が気ではない。
その頃ユキはバッグをベッドの横に寄せるとなにかのスイッチを押した。バッグの中からこちらを覗くレンズが…。


リーマンブルース・7


ユキと身体を合わせるキイチロウ。だがどうしてもユキを抱くことができない。
ついにユキにカミングアウトするキイチロウ。
するとユキは突然笑いはじめた。
じつはユキもまたレズであり、ユキの恋人マナミの夫になれる男を探していたのであった。
カメラを仕掛けたのはいざという時に脅迫するためであった。
利害関係が一致したキイチロウとユキ。
肩の荷がおりたキイチロウ。だがその話を聞いたカズオの表情は曇る。


リーマンブルース・8

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆