3月22日(水)からの作品

★3月22日~4月18日

『冷たいまなざし 友情』
監督:新倉直人 脚本:新倉直人
撮影:柳田友貴 照明:渡波洋行 助監督:国沢 実
製作:シネコスモジャパン 提供:オーピー映画
出演:白都翔一 森 純 芳田正浩 西野奈々美 板垣有美 川崎 実 樹 かず 太田はじめ 港 雄一

【解説】
放課後、誰もいない教室にひとりたたずむ男。
彼の名は富永カズオ、通称トミー。このクラスの担任教師である。
カズオがお茶を飲んでいるとひとりの青年が教室に入って来た。
青年の名は林葉トオル。昨年この高校を卒業し、現在は一流企業に勤めている。
そんなトオルにもかつていじめをうけていた過去があった。
これはトオルとカズオのいじめとの戦いの物語である。
そして、その中で芽生え育ったふたりの愛の物語である。


p_op_yujhou[1]

-4月4日まで-
『シネマHOMOパラダイス』
監督:山本竜二 脚本:五代響子
脚色:山本竜二 原案:山本竜二
撮影:池田俊巳 照明:北井哲男
製作:ENKプロモーション 配給:ENKプロモーション
出演:山本竜二 池島ゆたか 佐賀照彦 山口健 家入淳 柴原光 五代響子
相川純 山川博 早瀬勇治 小倉一馬 広瀬優也 西川宏 CLUB FAME モックン・カズロー 井上将仁 栗野政信 太田メグミ

【解説】
「山本竜二、34歳。職業、ポルノ男優。AV・ポルノ映画にもう1000本以上出演している…」
そんなモノローグからはじまるこの作品はピンク映画界のミケランジェロ・山本竜二が原案・監督・主演をこなす、山本竜二による山本竜二の映画である。
雑誌『薔薇族』を片手に京都の繁華街に颯爽と降り立った山本竜二。実は彼は隠れホモであった。
男と愛し合いたい、美少年に掘られたい。そんな欲求が高まった彼が探し求めるのはとある映画館。伝え聞いた話ではそこは男と男が愛し合うホモのパラダイスだという…。
京都に実在したゲイ映画館“シネフレンズ西陣”を舞台に、山本竜二とひと癖もふた癖もあるホモたちが繰り広げるスラップスティックゲイムービー。山本竜二の芸達者ぶりが光る傑作。


p_cinema[1]


-上映時間-
『冷たいまなざし 友情』 11:10 / 13:15 / 15:25 / 17:35 / 19:45
『シネマHOMOパラダイス』 12:20 / 14:30 / 16:40 / 18:50

★金・土オールナイト
『シネマHOMOパラダイス』 20:50 / 22:55 / 1:00 / 3:05
『冷たいまなざし 友情』 21:50 / 23:55 / 2:00 / 4:05


コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆