2月8日(水)からの作品

★2月8日~2月21日

『境界線の向こう側』
監督:小谷内郁代 脚本:小谷内郁代 今村千絵
撮影:小山田勝治 照明:小山田勝治
助監督:吉田國文 音楽:安田光一 編集:酒井正次
製作:オフィスガレージ 配給:ENKプロモーション
出演:八幡現代 西岡秀記 佐々木麻由子 麻生みゅう 野上正義 佐野和宏 森山龍二

【解説】
小谷内郁代監督第1回監督作品。前半はゲイの抱える普遍的な問題を提起し、後半からはゲイカップルとひとりの女性のロードムービーとなる本作。旅を通じて様々な人と出会い成長していく姿はさわやかで応援したくなる。
しあわせな同棲生活をすごしているゲイのカップル。しかしある日、父親がガンで余命一年であることを知る。“父さんが死ぬまでにせめてお前の花嫁を見せてやりたい”と切々と訴えてくる母親。親にはカミングアウトしたくない。どうすれば…。
そ一計を案じたふたりはネットでゲイとレズビアンのための偽装結婚サイトを見つけ、アクセスしひとりのレズビアンの女性と知り合う。彼女もまた同じような理由で相手を探していた。メールのやり取りで意気投合したふたりはペーパーウェディングの計画を進めるために実際に会うこととなり、彼女の住む町へ旅に出るが、そこに嫉妬心から話をつぶそうとする彼女のパートナーが現れる。


p_kyoukai[1]


-2月21日まで-
『兄貴と俺 ときめきのkiss』
監督:加藤義一 脚本:城定由紀子
撮影:創 優和 助監督:江尻 大
編集:有馬 潜 スチール:本田あきら
録音:シネ・キャビン 製作:加藤映像工房
提供:オーピー映画
出演:津田 篤 丸山真幸 マンボウ堀内 ちび介 サーモン鮭山

【解説】
大好評『兄貴と俺』シリーズ第5弾!今回は監督に加藤義一、脚本に城定由紀子を迎え、お笑いの世界で天下をとることを目指し悪戦苦闘する若者たちの青春ラブストーリーを鮮やかに描いている。いまやピンク映画界に欠かすことのできない存在となった津田篤がゲイムービーに初出演したことでも話題となっている。
明(丸山真幸)とマーちゃん(津田篤)は中学校の先輩後輩。ふたりはいまカタミチキップという漫才コンビを組んでいる。
いつか大きな漫才の大会に出て優勝することを夢見るふたりだが現実は厳しい。
ある日のこと、オーディション開場にはやく着いたふたりはライバルの芸人“とっちゃん坊や”が稽古をしている現場に遭遇する。こっそり覗き見するふたり。坊やがボケて尻を突き出すいつものギャグ。だが、あろうことかその尻にとっちゃんがむしゃぶりつく。
とんでもない光景を見てしまったふたりは…。


p_op_aniki5[1]


-上映時間-
『兄貴と俺 ときめきのkiss』 11:05 / 13:15 / 15:30 / 17:40 / 19:55
『境界線の向こう側』 12:15 / 14:25 / 16:40 / 18:50

★金・土オールナイト
『境界線の向こう側』 21:10 / 23:25 / 1:40 / 3:55
『兄貴と俺 ときめきのkiss』 22:10 / 0:25 / 2:45

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆