『まばゆい青春』 ③

プレイルーム。ベッドの上で抱き合うマスターと青年。
「彼はここにたどり着くと思います」
そう話す青年は、主人公に最初に声をかけてきた男だった。
一方、プレイルームのあるマンションを見上げる主人公。
とうとうここまでたどり着いた。
警察官の制服に身を包んだ主人公が乗り込んでいく。


まばゆい青春16


プレイルームに乗り込んだ主人公を待ち受けていた消防服の男。
それはマスターではなかった。
消防服の男はその日のことを語り始める。
すべての真相を知る主人公。
そうか、ぼくは自分から抱かれたのか…。


まばゆい青春18


自室。消防服の男の言葉を思い出し激しく動揺する主人公。
-どなた様ですか?
職務質問の練習用のテープの女性の声が尋ねる。
ぼくは、どうなってしまうのだろう。
制服の似合う男になって女の中の女と恋に落ちるはずなのに。
主人公は意を決したように顔をあげた。そしておもむろに壁に貼った女優のポスターを破り捨てた。
ぼくは生身の人間を相手にする。
そう宣言すると部屋を飛び出した。
再度スナックを訪れる主人公。
そこには彼を待ち受け歓迎する一同の姿があった。


まばゆい青春22

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆