『素敵な片思い』 ②

シローを自宅へ連れて帰ったマギーは知り合いの医者を呼び治療を施させる。
深夜の大手術。無事摘出された銃弾。九死に一生を得たシロー。
しかし生命の危機が迫っていることにはかわりはない。
医者はいますぐ病院に連れて行くべきというが、シローがワケアリであることはマギーにもわかる。
看病にくたびれていつの間にか眠ってしまったマギー。そこへ男が現れた。
マギーとは古くからの腐れ縁のヒモのような若い男。
「お前みたいな年寄りはおれが相手にしないと誰も相手にしない」
ヒモ男はそういうと巧みにマギーの身体を愛撫する。
抵抗するマギー。だが、いつしか男を受け入れてしまう。


素敵17


一戦終えて疲れたマギーを尻目にシャワーを浴び部屋を物色しはじめるヒモ男。
ベッドで眠るシローを見つけると欲情し、けが人であるにも関わらず襲おうとする。
すんでのところで気づいたマギーはヒモ男を叩き出した。
横たわるシロー。汗を拭いてやるマギー。シローのたくましい肉体に目が吸い寄せられる。
しばらくしてようやく意識を回復するシロー。安堵するマギー。
マギーはシロ―に、彼特製のチーズケーキを食べさせた。


素敵29


一方、シローを追う祖父江と勝也の追及の手はすぐそばまで迫っていた…。


素敵32

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆