『初熱 Love Potion』 ①

p_op_lovepotion[1]


劇団「虎組」を率いる演出家の松岡(深木勝)は落ち込んでいた。
台本はマンネリ、客足は鈍る一方。
上京してはや10年、そろそろ身の振り方を考えなくては…。
思い悩む松岡を励ます看板俳優のぐっちゃん(石川雄也)。
松岡とぐっちゃんは深い仲。
バスルームで一戦終えて眠りにつくぐっちゃんの横顔を見つめ、起き上がるとおもむろに台本を書き出す松岡。


初熱lovepotion 7


徹夜して書き上げた台本『彼と彼と彼の秘密』。
それは彼の最後の作品。
彼ら自身の心と身体、愛と性のすべてを赤裸々につづったストーリー。
渡された台本を読み終えたぐっちゃんにはたしかな手ごたえがあった。
さっそく団員を招集する、が、いくら待っても団員が集まらない。
1時間遅刻してようやく現れた団員を問い詰めると、団員のひとり、小泉が他の団員を引き連れて新しい劇団を立ち上げるという。


初熱lovepotion 12


失意の松岡とぐっちゃんは新しい団員を募集するオーディションを開く。
だがやってきた者たちはみな冴えない。
煮詰まるふたり。
オーディションを切り上げ屋上で一服する松岡はぐっちゃんと口論になり台本を飛ばしてしまう。
屋上から地面へ舞い落ちる台本。
それを拾った男がいた…。

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆