5月20日(水)からの上映作品

★5月20日~6月16日
『天使が僕に恋をした』
監督・荒木太郎 脚本・後藤大輔 配給:オーピー映画
出演:今泉浩一、谷畑聡、滝川鯉之助、港雄一、小林徹哉、野上正義、他
【解説】
高校教師の吾助は男子生徒と恋におち
修羅場の果てに生徒が自殺したため職を追われ
自暴自棄になって泥酔していたところを小川という男に誘われ
男性専用のホテトルマンの仕事に就いた
小川は吾助に好意を抱き愛を告白した
吾助は優しさから彼を抱くが
心は癒されなかった
ある夜、
ダニエルとガブリエルの二人の天使が
過去の夢を見てすすり泣く吾助を眺めていた
死期が近づいている彼の魂を天上へ運ぶために監視しているのだった
ダニエルは吾助に一目惚れし
人間になりたいと言ってガブリエルの制止を振り切り地上に
堕ちると吾助の胸に飛び込んだ
そこへ常連の老人・仲井戸からデリバリーの連絡が入る
男二人を指定されたので
吾助はダニエルと共に彼の部屋に向かった
ダニエルは吾助の家に居候することになり
吾助は彼との交流の中で人生を立て直そうと決意するが・・・。
もっと愛して、強く求めて・・・
デリヘル・ボーイズの性春哀歌。
この機会を、お見逃しなく!!

天使が僕に恋をしたポスター

★6月2日(火)まで
『褐色の標的(ターゲット)』
監督・野上正義 脚本・関根和英、野上正義 配給:ENKプロモーション
出演:ボブ・サイモン、ビル・リーガン、池田明瞳、石川均、加藤四郎、
杉佳代子、河井憂樹、山地美貴、飯島大介、島村謙次、他
【解説】
1980年代初頭の横須賀
かつてベトナム戦争景気で潤った軍人町は
その後遺症で疲れ切り、活気がなくなり、荒廃していた。
そんな町で、米兵相手の男娼をしたり、ヤクの売人をしたりして
その日暮らしで生きているフミオがいた
ある日フミオは、つまらないミスから組のチンピラたちにリンチを受ける
血だらけで動けなくなったフミオは
その後偶然通りかかった黒人に助けられた
その黒人の名はアル
退役軍人だが、アメリカに帰らず、プロのジャズピアニストを目指して
そのまま横須賀に住んでいた
初めて人から親切を受けたフミオは
アルに恋してしまうが、アルはノンケなので、フミオの求愛は拒否するが
住むところのないフミオを案じて、親友として同居を始める
そんなアルの誠意に応えるためにフミオは真面目に働こうと決心するが
アルの夢のためピアノをプレゼントしようと
最後にもう一度だけと、大きなヤクの売買に手を出してしまった
そこから二人の運命は大きく狂っていく・・・。
横須賀軍港近辺でオールロケ!!
時代に翻弄される若い日本人と黒人の二人の
どうしようもない恋心と性が見事に描かれていく
そして、
フミオとアルを演じる二人が素晴らしい身体を披露している
異色の作品です。
この機会を、お見逃しなく!!

p_kasshoku[1]

▼▲ 上映時間 ▲▼ 

★月~木・日曜日
『天使が僕に恋をした』
11:00/13:15/15:30/17:40/19:55~20:55 (終映)

『褐色の標的(ターゲット)』
12:15/14:25/16:40/18:50~19:55

★金曜日・土曜日 オールナイト
『褐色の標的(ターゲット)』
21:10/23:25/01:40/03:55~05:00(終映)

『天使が僕に恋をした』
22:10/00:25/02:40~03:45

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆