『木又三郎君の事 ぼくらの時代』 ①

これが木又三郎君の印象的な登場シーンです。
眼鏡、髪形、麦藁帽子、どこから見ても画家のようですが
持っているのは事実デザイン帳です

僕らの時代005

原宿の美容室は、いつも予約でいっぱい。
それもそのはず、イケメンの順平と俊也がいるから。
しかし二人には秘密があった。

僕らの時代0022

お洒落な街に風のように表われた、木又三郎君。
田舎っぽい彼の髪形はカットされ、たちまち街の風景に馴染んでいく。
そして二人にも、そして誰にでも。もともと彼は何者でもないから。

僕らの時代0011

同時上映『僕らの迷宮』(監督・脚本:山崎邦紀)

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆