9月10日(水)からの上映作品

★9月10日~10月7日★
『エクスタシー』
監督・小林悟 脚本・小林悟 配給:オーピー映画
出演:ジェーシー・エドモンド、中山一郎、渡辺大策、
武藤樹一郎、大場亀、五島由紀、板垣有美、他
【解説】
彼と彼、愛する者には国境はない!
“ジロー 好きだよ”“サヨナラ 少尉殿”
エキゾチック・ヨコハマの黄色と白い肌の神秘な夜。
戦争に憧れて、外人部隊に志願する大学生ジロウ。
ある日、
港で偶然会った米軍海兵隊員エドワードの人捜しを手伝うことに。
だが、そんな中、エドワードはチンピラに捕らえられて犯されてしまう。
彼は解放されたものの、意識を失いジロウの家へ。
ところが彼は再び姿を消し…。
見モノは、エドワードが3人の男に犯されるレイプシーン。
「ローリン、ローリン!」とおかしな英語が出るのはご愛敬。
妙な緊張感で興奮必至。
是非35mmフイルムでご堪能下さい。
この機会を、お見逃しなく!!

エクスタシーポスター

★9月23日(火)まで
『陶酔遊戯』
監督・佐藤寿保 脚本・夢野史郎 配給:ENKプロモーション
出演:沢田詳太郎、福田理、小林節彦、松村とおる、
山本竜二、橋本杏子、他
【解説】
物語は現実と幻想が入り混じって、進行していく。
初めて社会に出た新人サラリーマンの主人公の青年
不安定な心の中を表しているのだが、
その幻想のシーンがまさに狂気っぽくて、ゾクゾクしてくる。
いわゆる、大人の世界に入りきれない(五月病みたいなもんですか)青年
メインキャラはあるのだが、あまりそんなことは考えないで、
ただどっぷりと、その独特な映像世界に浸りこんでいってほしい。
まさにエロとフェチの世界へようこそと、
知らない間に引きずり込まれていってしまう。
そしてこの映画のもうひとつ重要な役割を持つのが、フェンシングである。
超マイナーな競技であるフェンシングというものに、
監督は徹底的にこだわって描いている。ゲイ映画の世界でも常にエロとグロ、
紙一重の狂気と快楽を描き続けている監督、佐藤寿保。
その狂気性がかえって興奮する画像になり、
はっきりとテーマが浮かび上がり、
ひとつの性的対象に対する偏執狂的なこだわりは、
フェチ心を徹底的に刺激してくれ、独特の異彩を放っている。
そんな佐藤ワールドのゲイ映画の中でも、ちょっと異色の作品
是非35mmフイルムでご堪能下さい。
この機会を、お見逃しなく!!

陶酔遊戯ポスター

▼▲ 上映時間 ▲▼ 

★月~木・日曜日
『エクスタシー』
11:10/13:20/15:30/17:40/19:50~20:50(終映)

『陶酔遊戯』
12:20/14:30/16:40/18:50~19:50

★金曜日・土曜日 オールナイト
『陶酔遊戯』
21:00/23:05/1:10/3:20~4:20

『エクスタシー』
22:00/00:05/2:10/4:20~5:20(終映)

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆