6月19日 より

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

▼▲ 上映時間 ▲▼ 



月~木・日曜日


「男心、ゆれる愛」

11:10/13:20/15:30/17:40/19:50~20:50(終映)

「せつないかもしれない」

12:15/14:30/16:40/18:50~19:50


金曜日・土曜日 オールナイト

「せつないかもしれない」
20:55/23:05/1:10/3:20~4:20 



「男心、ゆれる愛」 
22:00/0:05/2:15/4:20~5:20(終映)



★6月19日(水) ~ 7月16日(火) ★ 

『男心、ゆれる愛』
監督・脚本:山崎邦紀  配給:オーピー映画

出演:中村英児、松澤直志、やまきよ、石川雄也 他

男心、ゆれる愛

【解説】
ブラブラゆれる。それを見ていると俺のムクムクが立ち上がる!
癒やしてくれよ、この火照りを・・・。
 哲郎は自転車に乗っているだけでご機嫌だった。
ある日、哲郎が自転車を降りて休んでいると、向こうからスケボーに乗った女装男・ジャッキーが疾走してきた。唖然と見送る哲郎。気が付くと哲郎の自転車がなくなっている。ジャッキーに盗まれたとわかり、哲郎はサングラス男・主水と共にジャッキーを追うが・・・。
 自由に生きる男たちを山崎監督のテイストで描くとこうなるんだ!というエロと根底に流れる男たちへの賛美が冴え渡る傑作映画。


★  ~ 7月2日(火) ★

『せつないかもしれない』
監督:吉行由実  脚本:本田唯一/吉行由実  配給:オーピー映画

出演:千葉尚之、岡田智宏、平川文人、野村貴浩
    なかみつせいじ、望月梨央、白石雅彦 他

fc2blog_20130605084019453.jpg

【解説】
「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」で公式上映され、大好評だった作品。
大学卒業後、念願の広告代理店に入社した高木聡は、張り切って社会人生活をスタートさせた。聡には友達以上、恋人未満のカレシがいるが、その彼に会社の話しをしようとしても、彼は聡の身体ばかり求めて一向に聞いてくれない。「俺は身体だけの存在か」。聡と彼の間は少し距離が広がってしまった。
そんな聡だが、仕事は頑張った。実は上司の古川に惹かれ始めていたのだ。しかし古川は、聡の同僚OLと付き合っているノンケだ。所詮叶わぬ夢なのだが、バリバリかっこよく仕事をこなす古川への思いは日々高まっていく。
一方その古川、実は学生時代に、ゲイの先輩にレイプされた経験があった。それはトラウマとして残り、古川はエッチそのものに臆病になっていた。
会社の飲み会。同僚女子社員が聡に猛烈にアタックを仕掛けてきた。それが鬱陶しくなった聡は、ついにみんなの前でゲイであることをカミングアウトしてしまう。次の日から社内の空気は一変してしまった。好奇の視線に晒される聡。が、古川はそんな社内を一喝し、今までと変わらずに聡に接してくれた。ますます聡はせつなくなってしまう。そんなある日、古川のミスで会社でトラブルが発生してしまう。古川は休みだった。とっさに聡はそのトラブルを「新人であるぼくのせいです」と言って、取引先に向って走り出すが・・・。

快調・吉行監督、4作目のゲイポルノ作品。今作も人を愛することの素晴らしさを、監督独特の作風で静かにぼくらに伝えてくれる。なんか見終わった後に、とってもハッピーになれるのだ。
主演は『浮気なぼくら』『キミニ惚レテル』で、ファンから絶大な支持を得た千葉尚之。スーツ姿もバッチリで、先輩に憧れるリーマン役を好演。スーツフェチの皆さんには、もうそんな千葉くんを見るだけでビン立ち?!
さぁ、ちょっと「せつないかもしれない」恋の行方、どうなるのか、あなたも一緒に成就してみませんか。

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆