fc2ブログ

『愛欲のデッサン』 ①

紙袋を抱えて歩く青年。
角で飛び出してきた男とぶつかりそうになり、袋を落としてしまう。
中からゲイ雑誌が。
“すみません、考え事してまして”とぶつかった男。
青年、ゲイ雑誌を拾い上げ、無言で去る。
“タナカ書店ですか”と男。
青年、立ち止まりゆっくり振り返る。
“ぼくもその本、毎月買ってるんですよ”
“あなたも…ですか?”
“よかったらぼくのアパートによってみませんか?すぐそこですから。ビデオがあるんです”
“えっ、ええ…”


愛欲のデッサン-2


男の部屋。
コーヒーを飲むふたり。
“どうぞ、くつろいでください”
“すみません、ずうずうしくあがらせてもらっちゃって。ぼく、美大で絵をやっているんです”
“へえ、画家の卵ですか”
“画家だなんて、からかわないでください。ぼく、山崎っていいます。山崎和夫です”
“そうそう、ビデオかけましょうか。あまりいいのないですけど。見るのはじめてですか?”
“ええ。本を買うのもはじめてですから”
男は名作映画のテープを手に取りケースをあける。中にはゲイビデオが。


愛欲のデッサン-5


その夜ふたりはバーへ。
和夫はデッサンの授業にくるヌードモデルの男性を見てからゲイに目覚めたという。
そんないい男なら会ってみたいと男
“僕も何年か前は絵描きをやっていたんだ。でもいまじゃエロ本のイラストレーターさ”そういうと男は遠い目をした。
“アパート代もったいないから俺のところこないか?ひとりもふたりも家賃一緒だし”
男の名は筒井といった。
翌日和夫は荷物を持って筒井のもとへ。


愛欲のデッサン-6

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

光音座は『映画館に行こう!』キャンペーン2020に賛同します。
上にあるQRコードからご訪問ください。

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆