FC2ブログ

『one night tune -俺たちの伝言-』 ②

夜。ライブハウスを閉める康平の前に、突如若者が躍り出る。
獣のようなするどい目つきをした若者は、警戒心をむき出しにし、いまにも襲いかかってきそうだ。
だが、その瞬間崩れ落ちる。
ひどいけがをしているようだ。
康平は若者をライブハウスに入れ、傷の手当てをする。


伝言 10


あくる朝、若者は意識を回復する。病院へいけという康平の言葉も聞かずに立ち去ろうとするが、無理であった。
“なんなら、うちくるか?”康平は優しい言葉をかける。
昔のバンド仲間を集めようとする康平。だが、ちりぢりになり、居場所もわからない。
なかには鬼籍に入った者もいる。
そんな折、ブルースシンガーの美香がPink triangleへやってきた。
閉店することを告げると憤激する美香だが、閉店の日にラストセッションをやるから歌ってくれないかという康平の申し出には了承する。


伝言 14


ヴォーカルは美香、ドラムは美香のマネージャーのジョニー。
ベースは古着屋に勤める獅童が加わった。
残るギターは、怪我を負った青年が弾けることがわかり、メンバーとなった。
青年の名前は梶原浩人といった。
ようやく動き始めた、ラストセッション。
だがそこに、浩人を追う者の影が…。


伝言 16

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆