FC2ブログ

2月5日(水)からの作品

《2月5日からの光音座Ⅰは「関根和美特集」!》

『White room ~止まらない愛~』
監督・脚本:関根和美
出演:哀田 剛 山本清彦 梅宮さやか 風間今日子 寺島京一 片岡 圭 杉本まこと

会社員の隼人とフリーターの竜也は同棲中。
愛し合うふたりはいつか自分たちの店を持つのが夢。
今朝も竜也に見送られ出勤する隼人。
その背後に、見知らぬ女の影が…。
一方、部屋でひとり求人誌を読む竜也。と、玄関のチャイムが。
ドアを開けると、そこには見知らぬ女。
“どなたですか?”“わたしよ、竜也。忘れちゃったの? …藤田だよ。藤田モリオ”
それは竜也のかつての恋人、藤田であった
藤田は全身整形をして女の姿になっており、いまはさやかと名乗っていた。
さやかはつきあっていた男とケンカをしていくあてがないのでしばらくここに居させて欲しいという。
戸惑う竜也だが、隼人は快諾。
しかし居候の身分で横柄に振る舞うさやかに、ふたりは次第に辟易することに。
そんな折、隼人が部長の娘とお見合いをすることに。竜也はショックをうけ、家を飛び出してしまう。
公園でひとりたそがれる竜也。そこに謎の男が…。


p_op_whiteroom.jpg


『one night tune -俺たちの伝言-』
監督:関根和美 脚本:金沢勇大
出演:長谷川建一 なかみつせいじ 竹本泰志 野村貴浩 
那波隆史 山科 薫 石堂真吾 佐々木麻由子 牛越秀人 悟志

Pink triangleは様々なジャンルのミュージシャンが日夜ステージに上がり、音楽好きたちから愛されるライブハウスである。
しかしマスターの康平は、近日中に閉店を決めていた。
“なんでやめちゃうの?”“飽きたから”
“やめてなにすんの?”“世界一周旅行”
うそぶく康平。だが本当は、康平の体は病に蝕まれ余命幾ばくもないのであった。

ある晩、康平が店を閉め表へ出ると、突然目の前に怪我を負った若者が躍り出た。
なにかしら事情があることを察した康平は浩人を招き入れ、治療をする。
翌朝病院へ行くように促す康平。だが浩人は拒み、出て行こうとする。
が、痛みにうずくまってしまう。康平は何も聞かず浩人をしばらく置いてやることにした。

《狭間のランチ(仮)》。康平の手元にあるこの未完成の譜面は、康平のかつての恋人誠が書いたものだった。
Pink triangleの最後のステージは、この曲をやりたい。
それが康平の唯一の心残りであった。かつてのバンド仲間に電話をかける康平。だがメンバーはちりぢりになっており誠の消息もつかめない。
そんな折、閉館を聞きつけたブルースシンガーの美香が駆けつける。
美香は康平の想いを汲みバンド結成に力を貸すのであった。
ヴォーカル、ドラム、ベース…次々に集まるメンバー。残るはギターだけ。
と、浩人がギターを弾けることがわかり、白羽の矢が。
バンドに加わった浩人。だが、彼を追う者が…


p_op_one night tune



-上映時間-

『White room ~止まらない愛~』 11:05 / 13:15 / 15:30 / 17:40 / 19:50
『one night tune -俺たちの伝言-』 12:15 / 14:25 / 16:40 / 18:50
★金・土オールナイト
『one night tune -俺たちの伝言-』  21:05 / 23:20 / 1:30 / 3:45
『White room ~止まらない愛~』  22:05 / 0:20 / 2:35

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

光音座は『映画館に行こう!』キャンペーン2020に賛同します。
上にあるQRコードからご訪問ください。

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆