『きっと会える』 ②

「そのパンチじゃガキだって避けられる」。
ロードワーク中の公一を挑発する謎の男。
カッとなってつかみかかる公一に、男はボディブローを見舞う。
吹き飛んで悶絶する公一。
だから言っただろ。ガードが甘いって。
転がる公一を抱き起こす男。
その刹那、公一のストレートがさく裂。
今度は謎の男がうずくまった。


きっと会える・9


寮に帰りシャワーを浴びる公一。
そこへ寮長の手下がやってくる。
手下は公一の動きを逐一観察し、寮長へ報告しているのであった。
手下は公一の部屋へ入りボクシンググローブを盗んだことを告白した。
屋上でボクシンググローブ燃やす寮長。
公一は怒りに震える。


きっと会える・13


公一が寮の部屋へ戻ると、見知らぬ男が寝転がって雑誌を読んでいた。
公園で出会った男だった。
男の名は日向秀樹。今日から編入してきたのであった。
傍若無人な態度で寝転がる秀樹。公一は思わずあっけにとられる。


きっと会える・15

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆