『勃ちっぱなしエブリデイ』 ③

松尾が帰宅すると部屋の様子が変わっていた。
留守中に成人が掃除をして模様替えしていたのであった。
しかしそれは松尾の気にくわなかった。もとの配置に戻すふたり。
写真立てを手にする男。割れていたはずのガラスが直っている。
“おれは夫としても父親としてもひどい男だった…”
松尾は唐突に語りだした。
場面はかわり、風呂場。
松尾が入浴していると、成人が入ってきた。
松尾の背中を流す成人。
戸惑う松尾だが、次第にまんざらでもない表情に。
しかし成人が勃起したのを見ると仰天する。


キャプチャ6


男が好きなのかそうじゃないのか、自分でもよくわからないと告白する成人。
朔夫の治療を受け、心も体も解き放たれ自分が誰を好きになって自分が誰から好かれても素直に受け入れられるようになったと語る成人。
松尾は心をうたれる。
松尾、成人に額をすり合わせる。


キャプチャ7


松尾の部屋に大工原が乗り込んできた。
だがそこに待っていたのは成人。
戸惑う大工原、だがめげずに食い下がる。
大工原と言い争っているうちに、成人のイチモツがしぼんでいく。
やがて成人は決心をし、松尾の部屋を出ていく。
それにたいし松尾は…。


キャプチャ8

コメントの投稿

非公開コメント

◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆