FC2ブログ

2月20日(水)からの作品

2月20日~3月5日

『あこがれ』
監督・脚本:新倉直人
出演:古賀生詞 田村 隆 南郷健二 坂本 昭 天野良昭 吉岡一郎 西村長士 菊次郎 三木淳一

アキラは18歳。人生の目標はなく、仕事も金もなかった。
仲間とひったくりをして逃げわかれ、合流するはずだった喫茶店。
仲間はいつまでも現れなかった。
300円のコーヒー代すら持っていないアキラ。喫茶店はもうすぐ閉店…途方に暮れる彼に、胡乱な男が声をかける。
男の名は大木。大木はアキラを食事に誘い、ゲイバーへと連れて行った。
大木とゲイバーのママ、森本は懇意であった。
アキラはゲイバーの二階に住まわせてもらうことに。
しばらくすると森本はアキラにある仕事を紹介する。
仕事とは、売春であった。
大木は最初からアキラを男娼に仕立て上げるつもりで近づき、その道に精通した森本に紹介したのであった。
アキラはしかし、意外にも二つ返事で了承する。
純情そうな瞳の奥に、誰よりも深く野心を抱く男。
それがアキラであった。
アキラの最初の客は、弁護士の成沢。
成沢はアキラを気に入り、住まいと金を与えた。
新しい服を買い、上機嫌のアキラ。
次の目標は芸能界。
成沢の紹介で芸能事務所に入ったアキラはさらなる大物をパトロンにつけ、左近寺 聖(さこんじ きよし)という芸名をもらい、華々しくデビュー。一軒家を手に入れ、身の回りの世話をすべてつき人にやらせ、なに不自由のない生活を手に入れた。
とんとん拍子に成り上がっていくアキラ。だがそこに、かつての仲間が現れ…。


4.jpg
アキラに近づく怪しい男


51.jpg
芸能人・左近寺聖の誕生


『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』
監督:橋口卓明 脚本:武田浩介
出演:青山為武 八幡現代 森山龍二 橋本嘉之 元輝ENOMOTO 川勝一英 直 弼 野上正義 牧村耕次
寺西正己 徳井 唯 樹 かず 鈴木 力 島田恒平 吉田彰宏 秋山由紀

海に臨む崖に立つ少年。
彼の名はアツシ。アツシはナイフを手に取ると、手首にあてて引く…と、男がその手をつかんで止めた。
男の名はマサアキ。複雑な家庭環境に悩み苦しむアツシを助けたい一心で、マサアキはアツシを連れて町を出た。
遠くの町で新生活をはじめたふたり。懸命に働くマサアキ。
一方アツシは日がな一日暗い部屋でパソコンに向かい、ホームページを開設してトラウマを吐露していた。
ある夜、クラブで踊るアツシに男が“ホームページを見た”と話しかけてきた。アツシはその男に体を許す。
それから毎晩のようにクラブに通い、男に抱かれるアツシ。
アツシは自分を理解し、受け入れてくれる人を探していたのだ。それが目の前にいることも忘れて。
ひとり部屋でアツシの帰りを待つマサアキ。ふたりの心は次第にすれ違っていく…。
ある時アツシはクラブ仲間からSМ愛好家を紹介された。
その男はアツシに“SМショーにでないか”と誘う。
翌日。アツシは檻の中にいた。取り巻くオーディエンスの視線が刺さる。体を火照らせるアツシ。そこへ縄を手に近づいてくる男。
SМショーが幕を開けた…。


9.jpg
クラブで時間を忘れるアツシ


18.jpg
“SМショーにでないか”そう誘われたアツシは…


-上映時間-

『あこがれ』 11:00 / 13:10 / 15:25 / 17:35 / 19:50
『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』  12:05 / 14:20 / 16:30 / 18:45
★金・土オールナイト
『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』  21:00 / 23:15 / 1:30 / 3:45
『あこがれ』  22:05 / 0:20 / 2:35

『黄昏のナルシー』③

このままでは信吾に春彦を奪われてしまう…そう危惧したバーのママ真田は一計を案じる。
信吾を店に呼び出し、睡眠薬入りの酒を飲ませ、意識を失ったところを無理やり犯すのであった。


31.jpg


信吾を抱いたことを言いふらす真田。
春彦はショックを受ける。
一方信吾の彼女マリは、信吾のただならぬ様子に信吾が浮気をしたと思い込みなじる。
信吾は思いつめ、春彦のことが好きだと告白するのであった。


34.jpg


真田に騙され一度は信吾を突き放す春彦。
だが真相をしり、信吾を探す。
やっと会えたふたり。抱き合う。
だがその背後に包丁を手にしたマリが…


46.jpg

『黄昏のナルシー』 ②

今日も写生をする春彦。
と、雨が降ってきた。
そこへあらわれた信吾、傘を差しだす。
ふたりは春彦の家へ。


16.jpg


シャワーを浴びるふたり。
ひとしきり燃えたあと、信吾は春彦の絵を見つめる。
信吾は春彦の画力を認めながらも、春彦の心が伝わらないという。
春彦は信吾に、バイオリンの演奏をするように頼む。
信吾のバイオリンの音色に、春彦は確かに信吾の心が見えたような気がした。
信吾がいう。バイオリンはぼくの命なんだ。
その言葉に春彦はおののく。
バイオリンに信吾を奪われるような気がしたからだ。


18.jpg


デートを重ね、日増しに仲を深めていく春彦と信吾。
真田にはそれがおもしろくない。
そこで真田は一計を案ずる…。


23.jpg

『黄昏のナルシー』 ①

町を見下ろす高台で、スケッチブックを手に写生する青年がいる。
男の名は春彦。画学生。
どこからともなく口笛が聞こえる。
ふと目をやると、若い男がいた。
しばし見つめ合うふたり。
そのとき、チャイムが鳴った。
5時。
時間だな…春彦は立ち上がる。


5.jpg


『ナイトPUBメリージェーン』。
春彦が働くゲイのショーパブである。
春彦はチーママの真田と深い仲にあった。
春彦は真田との関係を清算したいと内心思っていたが、真田がそれを認めるはずもなかった。


9.jpg


今日も町を見下ろす高台で写生をする春彦。
二科展が近い。
聞こえてくる口笛。あの青年だ。
その晩、メリージェーンで働く春彦の前に、偶然青年が現れる。
青年の名は信吾。
意気投合するふたり。
そんなふたりに仲を勘繰る真田の視線が…


12.jpg

2月6日(水)からの作品

2月6日~2月19日

『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』
監督:橋口卓明 脚本:武田浩介
出演:青山為武 八幡現代 森山龍二 橋本嘉之 元輝ENOMOTO 川勝一英 直 弼 野上正義 牧村耕次
寺西正己 徳井 唯 樹 かず 鈴木 力 島田恒平 吉田彰宏 秋山由紀

海に臨む崖に立つ少年。
彼の名はアツシ。アツシはナイフを手に取ると、手首にあてて引く…と、男がその手をつかんで止めた。
男の名はマサアキ。複雑な家庭環境に悩み苦しむアツシを助けたい一心で、マサアキはアツシを連れて町を出た。
遠くの町で新生活をはじめたふたり。懸命に働くマサアキ。
一方アツシは日がな一日暗い部屋でパソコンに向かい、ホームページを開設してトラウマを吐露していた。
ある夜、クラブで踊るアツシに男が“ホームページを見た”と話しかけてきた。アツシはその男に体を許す。
それから毎晩のようにクラブに通い、男に抱かれるアツシ。
アツシは自分を理解し、受け入れてくれる人を探していたのだ。それが目の前にいることも忘れて。
ひとり部屋でアツシの帰りを待つマサアキ。ふたりの心は次第にすれ違っていく…。
ある時アツシはクラブ仲間からSМ愛好家を紹介された。
その男はアツシに“SМショーにでないか”と誘う。
翌日。アツシは檻の中にいた。取り巻くオーディエンスの視線が刺さる。体を火照らせるアツシ。そこへ縄を手に近づいてくる男。
SМショーが幕を開けた…。


p_nawa5.jpg


『黄昏のナルシー』
監督:小林 悟 脚本:松崎 恵
出演:MADOKA 田村 隆 吉田孝順 香川 翔 板垣恵美

ゲイのショーパブ『メリージェーン』で働く画学生の晴彦。
いつものように町の高台で写生をしていると、どこからともなく口笛の音が。
ふと目をやると、そこにはバイオリンケースを抱えた青年が歩いていた。
目と目が合うふたり。これが運命の出会いであることは、まだ誰も知る由がなかった…。
青年の名前は信吾。
音楽と絵画という違いはあれど、ともに芸術を愛する者同士、ふたりは惹かれ合っていった。
だが、晴彦が働くパブのママ真田にはそれが面白くなかった。
晴彦から信吾を引き離そうと、真田は一計を案じる。
一方、信吾の彼女、マリもまた、最近の信吾の変化をいぶかしみ、浮気を疑う。
強い口調で信吾にせまるマリ。信吾は晴彦の存在を告げる。
衝撃をうけたマリは…。


黄昏


-上映時間-

『黄昏のナルシー』 11:00 / 13:10 / 15:25 / 17:35 / 19:50
『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』  12:05 / 14:20 / 16:30 / 18:45
★金・土オールナイト
『縄と男たち5 傷だらけの懺悔録』  21:00 / 23:15 / 1:30 / 3:45
『黄昏のナルシー』  22:05 / 0:20 / 2:35
◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆