fc2ブログ

『境界線の向こう側』 ③

ヒロシ、トシヤ、亜美の3人はヒロシが割った壺の弁償代金100万円を取り立てにきた男を倒し、車を奪って逃走。
ひとまず偽装結婚の件を片付けるため、3人で綾子のもとへ。
だが早々にガス欠。
所持金の乏しい3人は金策のため、亜美に体を売らせようとする。
歩いていた男に声をかけるヒロシ。だが男はトシヤがいいと言い出し…。


境界線の向こう側-18


綾子のもとへ向かう3人の前にヒッチハイク中の老紳士が。
亜美とトシヤは反対するが、ヒロシはその老紳士を拾う。
老紳士は昔の恋人の家を訪れる途中だという。
その日は老人のおごりで高級そうな老舗旅館に泊まることに。
御馳走を食べ温泉に入り疲れを癒した一行。
その晩。ヒロシと布団を並べて横になる老紳士は、ヒロシに「昔の恋人にそっくり」だという。
その言葉を聞いたヒロシは…。


境界線の向こう側-20


老紳士を送り届ける一行。
昔の恋人の家。だがそこにはもう誰もいなかった。
再び3人のドライブ。
目的地に待っていた綾子は意外な言葉を口にする。
その言葉を聞き、ヒロシはある決意を決める。


境界線の向こう側-28

『境界線の向こう側』 ②

トシヤとヒロシはゲイのカップル。
なにをやらせても長続きしないヒロシだったがトシヤのために一念発起し古道具屋にでアルバイト。
ところが100万円もする壺を割ってしまい、弁償するために金策に走る。
実家に泣きつくヒロシ。だが父の余命が短いことを知る。
孫の顔が見たいという父親を安心させたいがため、偽装結婚サイトで相手を探すヒロシ。
そこで同じような悩みを抱える女教師の綾子と知りあう。
メールの感触はよくどうやら計画通りにいきそうだ。
さっそく会う約束をしたヒロシ。すぐにでも出かけようとしたその矢先、ひとりの若い女が…


境界線の向こう側-10


ヒロシとトシヤのもとに現れた若い女、それは綾子の教え子でレズパートナーの亜美であった。
亜美は綾子がヒロシと結婚することに猛反対。
阻止しようと押しかけて来たのであった。
自殺をほのめかす亜美に手を焼くヒロシとトシヤ。
そこへまた別の人物が現れる。


境界線の向こう側-12


いきなり怒鳴り込んできたその男はヒロシが割った100万円の壺の代金を取り立てに来たのであった。
とっさの機転で男を倒し、車のキーを奪ったヒロシ。
そしてトシヤと亜美を連れてライトバンに乗り込む。
3人の逃走劇が幕を開ける…


境界線の向こう側-14



『境界線の向こう側』 ①

ヒロシとトシヤは同棲中。
なにをやっても長続きしないヒロシに対し、トシヤは売り専で稼ぎ、生活を支えていた。
そんな日々に倦み始めたトシヤの態度が冷淡になってきたことを察したヒロシは一念発起し知りあいの店の手伝いをすることに。
だが100万円もする壺を割ってしまう。
弁償するあてもなく途方に暮れたヒロシは実家に電話をかける。


境界線の向こう側-5


その晩、肌を合わせるヒロシとトシヤ。
いつもと違う態度に戸惑うトシヤにヒロシが告げる。
父親の具合が悪い。もってあと1年だそうだ。孫の顔が見たいという父親の願いをかなえてやりたいがどうしたらいいのか。
結婚すればいい。即答するトシヤ。
しかしそれはふたりが別れることを意味していた。


境界線の向こう側-8


悩むヒロシにトシヤがネットを検索して偽装結婚サイトを見つけてきた。
そこにはゲイやレズでヒロシと同じようになんらかの事情があって結婚相手を探し出さないといけない人々が登録していた。
ネットに疎いヒロシであったがトシヤの助けで登録を完了。
するとさっそく教え子と関係をもっている女教師から連絡がきた。
渡りに舟とばかりに返事を出すヒロシであったが…。


境界線の向こう側-10

2月14日(水)からの作品

2月14日~27日

『そして、僕らは変わった』
監督・脚本:山﨑邦紀
出演:樹 かず 太田 始 森 純 神戸顕一 キャンディ・ミルキィ 杉本まこと

森山は粘菌共棲会議という団体を主催し、4人の男たちと共同生活をしながら森の中で粘菌を探す活動をしていた。
各々公園の森の中へ入り粘菌を探す中、唯一木嶋だけが駅前での署名集めの活動をさせられていた。
木陰で身体を重ね合う長山と板垣…彼らは愛し合っていた。
しかしその様子を目撃した木嶋は激高、かねてからの自身のの処遇に対する不満も相まって団体の在り方に意義を唱える。
だが議長の森山は“粘菌とともに生きる生き方は、男色の可能性に向かって自らを開く生き方でもある”といい、積極的に体を重ね合うことを奨励、他のメンバー同士でさかりあうことを指導する。
パートナーを取り換えながらさかりあうメンバー。それに対し木嶋の憤懣は頂点に達し…


そして僕らは変わったポスター


『境界線の向こう側』
監督:小谷内郁代
脚本:小谷内郁代 今村千絵
出演:八幡現代 西岡秀記 佐々木麻由子 麻生みゅう 野上正義 佐野和宏 森山龍二

ヒロシとトシヤは同棲中。ある日、ヒロシは父が余命わずかであることを知る。
「孫の顔が見たい」という父の言葉に悩むヒロシにトシヤは「自分と別れて女と結婚すれば」という。
思案の末、ヒロシは同性愛者専用の偽装結婚サイトを見つけ、似たような理由でパートナーを探している教員の綾子と知りあう。
意気投合したふたりは偽装結婚を決意。
だが彩子の恋人、亜美がやってきて猛反対。
その上予想外の災難がヒロシに降りかかり…


kyoukai.jpg



上映時間
『そして、僕らは変わった』 11:00 / 13:10 / 15:25 / 17:40 / 19:55
『境界線の向こう側』 12:10 / 14:25 / 16:35 / 18:50
オールナイト
『境界線の向こう側』 21:05 / 23:20 / 1:35 / 3:45
『そして、僕らは変わった』 22:10 / 0:20 / 2:35

『僕らの学園 禁欲』 ③

翌日もアキラは昼過ぎまで教室に現れず、ようやく現れたかと思いきや授業を受ける気などまるでなく、タカユキを侮蔑し高笑いして煙草を吸い始める。
と、そこへレイカが。
“やべえじゃねえかレイカ。今度お前のアニキに見つかったらキンタマつぶされちまうよ”
慌てるアキラ。
だがレイカの兄はいま海外にいるという。
それを聞いて安心したアキラはレイカを連れて教室をあとにする。


僕らの学園-26


翌日。
レイカとよりをもどしたアキラの前に、レイカの兄が。
“人の妹をなんだと思ってやがるんだ!ぶっ殺してやる!”
すさまじい暴力の前になすすべもないアキラ。
“たすけて!先生!”
その声を聞いたタカユキが割って入ろうとする。
だが軽くいなされる。
それでもなお止めに入るタカユキ。
“その落ちこぼれを殺すなら先にぼくを殺しなさい!”
タカユキの形相に思わず手を緩めるレイカの兄。
“アキラ!殺せ!やっちまえ!”かさにかかって罵声を飛ばすレイカ。
だがアキラは動かない。
“いくじなし。ばか。ぶた。弱い奴は嫌いよ”悪態をつきレイカは去っていく。
レイカの兄も教室を去る。
残されたアキラとタカユキ。 
昏倒したアキラをタカユキは自室に連れて帰り、介抱する。


僕らの学園-29


翌日。
タカユキが教室にいくと、すでにアキラがきていた
“おはようっす”すっかりしおらしくなったアキラがいう。
“悪いけど最初からやってくれないかな。おれ、英語ぜんぜんわかってないんだ。授業でたことないから英語のえの字もわかってないんだ”
タカユキ、黒板に書く。
I am a boy.
This is a pen.
“ぜんぜんわからんわ”とアキラ。
と、そこへ笑い声が。
見るとアキラの取巻きたちだった。
“アキラはバカだからなに教えても無駄だよ”
“勉強しようなんて下品な気を起こすなよ。それよりお遊びしようぜ”
しかし改心したアキラは耳を貸さない。
それでもしつこく食い下がる取巻きをアキラは殴り飛ばす。
“慰問にきてやったのによ もうダチとは思わないからな”去っていく取巻きたち。
“じゃあ先公、いや先生、続けようぜ”とアキラ。
“同情なんかしてほしくないよ”とタカユキ。
“同情して欲しいのは俺の方です”
“アキラ…”
“先生、おれ、ちゃんとやるから教えてください”
頭を下げるアキラ。
手を握るタカユキ。
その手を握り返し、頭を深く垂れるアキラ。
だがその放課後、学校を出ようとしたタカユキに、アキラの取巻きたちが…


僕らの学園-30
◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆