『美少年のまなざし』 ②

フミヤを自宅に連れて帰り、手当てをした男。
彼は自分を教授と名乗った。
その名の通り、彼は大学で日本文学を教えていた。
教授の部屋にはたくさんの本がうずたかく積まれていた。
フミヤにはそれら一切関心がなかった。
今夜は泊っていくようにとうながす教授。
一晩泊めてもらう代わりにぼくを抱いていいというフミヤ。
そんなフミヤに教授は、自分を安売りするなと諭す。
対してフミヤは、高校も出ていないようなぼくなんか体を売りでもしないと生きていけないという。
悲しそうな目でフミヤを見つめる教授。

美少年~13


大学の研究室。
教授とその助手がいる。
助手は教授の体から、男のにおいがすることを察知する。
二人には以前から肉体関係があった。しかし助手は、教授が自分に心を開かないと嘆息する。
自分には20年前に愛した男がいた。その男との思い出を大事にしたい。教授は助手にそう告げる。


美少年~23


教授の家。
フミヤがなにげなく手に取った高村光太郎の詩集。
教授はその中にある一編の詩をそらんじる。
その素晴らしさを説く教授。
自分にはわからないと拒絶するフミヤ。
いまからでも真面目に勉強すれば大学に入れるという教授にフミヤは悪気はないのだが反発してしまう。
どうせ教授もおれの体が目当てなんだろう。
心にもないことを言ってしまうフミヤ。
その刹那。教授は思わずフミヤに手を挙げてしまった。
思い出の中に生きている学者バカのくせして!
声を荒げて家を飛び出すフミヤ。


美少年~30

『美少年のまなざし』 ①

夜の公園。
ひとりの青年が佇んでいる。
彼の名はフミヤ。19歳。
フミヤのもとに近づくサラリーマン風の男。
男が煙草を手にすると、フミヤはポケットからライターを取り出し、そっと火を差し出した。


美少年~4


フミヤはこの公園で売りをして生計をたてていた。
男はフミヤを買いに来た客であった。
さっそく値段交渉をはじめるふたり。
先払いを要求するフミヤに、男は歩合制を提案し、具合がよかったら金をはずむと言う。
ふたりはトイレに入っていく。


美少年~5


地面に倒れるフミヤ。
男はトイレで乱暴にフミヤを犯すと、殴り飛ばし金を奪って逃げたのであった。
動けずにいるフミヤのもとに、ひとりの初老の男が通りがかる。
男はフミヤを介抱すると、自宅へ連れて帰った。
はたして男の正体は、真意はなにか。


美少年~9

9月20日(水)からの作品

★9月20日~10月17日
『青春野郎』
監督・脚本:笠井雅裕
撮影:片山 浩 編集:酒井正次
資料協力:雑誌『薔薇族』 制作・配給:ENKプロモーション
出演:芳田正浩 末永 稔 松田一美 池島ゆたか

【解説】
ラグビーに青春を燃やす高校生たちの熱い恋愛物語!
下宿で同じ釜の飯を食う三田と近藤は、ラグビー部の先輩後輩。
西城キャプテンのしごきはきついけど、ふたりとも学校生活と部活動をエンジョイしている。
近藤は先輩の三田の身の回りの世話をしているうちに、三田に恋していることに気づく。
一方の三田は、三年生の西城キャプテンに恋していた。
ふたりの恋の行方は…。


(小)



-10月3日まで-
『美少年のまなざし』
監督:渡邊元嗣 脚本:山崎浩治
撮影:飯岡聖英 照明:飯岡聖英 小川満 助監督:佐藤 吏 
編集:酒井正次 スチール:津田一郎 
製作:ナベシネマ 提供:オーピー映画
出演:永井 努 久保新二 本多菊次朗 小久保昌明 横須賀正一 なかみつせいじ 相沢知美

【解説】
売りをして生活するフミヤは公園で客から暴行を受け、金を奪われてしまう。
怪我をして倒れたフミヤを救ったのは教授と名乗る男だった。
教授はフミヤを自宅に連れ帰り住まわせる。
老いた教授と売り専ボーイの偶然の出会い、だがふたりには知られざる深い因縁があった。
高村光太郎の詩集がつなぐ宿命とは。


美少年のまなざし01


-上映時間-
『美少年のまなざし』 11:05 / 13:15 / 15:25 / 17:40 / 19:50
『青春野郎』 12:15 / 14:25 / 16:40 / 18:50
★金・土オールナイト
『青春野郎』 21:05 / 23:20 / 1:35 / 3:50
『美少年のまなざし』 22:05 / 0:20 / 2:35

『SEE YOU AGAIN 広島物語』 ③

ヤングばら族ショー本番。
最初は戸惑いながら見ていたトオル。だがいつしか深い感動を覚えていた。
この気持ちを伝えたい一心で楽屋に押し掛けるトオル。
ランもまたトオルを気に入り、仲間たちに紹介する。


広島物語・14


トオルとランと仲間たちは夜の街へ。
トオルはランに、中学生のころ先輩に対して抱いていた感情を思い出したと告げる。
ランはそれを「愛」と答えた。
男同士が愛し合うことに、なんの不思議もない。
ハッテン場。トオルの横で身体を重ね合うランたち。
いつしか果てた男たち。
ランはゆっくりと起き上がると、トオルにキスをした。


広島物語・20


翌日。
宮島でデートするトオルとラン。
トオルは自分の本当の気持ちに気づき始めていた。
しかし、的場シネマでのショーはあと一日。
ショーが終わればまた次の地へと旅立つラン。
ランとトオルの別れの時が近づいていた…。


広島物語・22

『SEE YOU AGAIN 広島物語』 ②

トオルにとって久しぶりの広島の町はずいぶんと様変わりして見えた。
行く当てもなくさまようトオルは的場シネマに入る。
エレベーターの中にはランがいた。
トオルはなんとなくランのあとについていった。


広島物語・9


今日もヤングばら族ショーが行われる。
稽古に熱が入るダンサーたち。
その様子をトオルが覗き見していることにも気づかない。


広島物語・10


ようやくトオルに気づいたダンサーたち。
ランはトオルに、ショーを見に来るようにうながす。
そしてショー本番。幕が上がる。


広島物語・13


◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆