『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 ③

キヨミツに断酒を誓ったヒロシ。だが長年身を蝕んだ悪癖は離れず…。
一方キヨミツもシェフになる夢を叶えることをヒロシに誓うが、母を安心させたいあまり、沖縄で就職することを決めてしまう。


デッドライン24


ヒロシとキヨミツ、ふたりの想いが微妙にすれ違っていく中、ついにヒロシを追う組織の手が沖縄に上陸した。
すぐそこまで迫る危機。このままではキヨミツまで危険な目に合わせることになる。
ヒロシは焦りながら、自分の中でキヨミツの存在がもはやなくてはならないものになっていることを確認する。


デッドライン27


ついにヒロシは追手と対峙する。
男はいまデッドラインを踏み越えた。
守るべき男のために…。


デッドライン32


平成29年8月20日(日)の舞台挨拶・ブログ(ネット割)

オーピー新作
『オレとアイツの集金旅行』 公開記念舞台挨拶

今回のイベントでももちろんありますよ!
ブログ割(ネット割) ♪

レインボーフラッグ01

↑↑↑↑↑↑

(例)こんな感じで

携帯

当日ご来場時に受付にご提示いただくだけです。
すると・・・

《初めて or 会員証なし》のお客様
1,550円 ⇒ 1,130円

《会員証あり》のお客様
(通常)スタンプ1コ ⇒ 2倍!
とさせていただきます。

(※尚、ご来場後のご提示は無効となりますのでご注意願います。)
今年の夏もやっちゃいますよ~~~。
皆様、是非ご来場くださいませ!

『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 ②

バーのトイレ。
キヨミツがナイフを持った黒人に襲われている現場に出くわしたヒロシは、難なく男を撃退しキヨミツを救う。
キヨミツはヒロシの強さにひかれ、彼につきまとう。
いつまでもぶらぶらしていないで働けというキヨミツの母の言葉を聞いたヒロシが、やりたいことはないのかとキヨミツに問う。
キヨミツは、本当はシェフになりたいが、母ひとり置いて内地には出られないと答える。
心優しいキヨミツに、ヒロシは次第に心を開く。


デッドライン9


ハーリーを観に行くヒロシとキヨミツ。
仲睦まじい様子。
追われる身のヒロシにも、しばし安息の時が流れる。
だがそんな時、ヒロシが倒れてしまう。


デッドライン13


キヨミツはヒロシに酒をやめるよう説得する。
ヒロシはキヨミツに、酒を断つかわりにお前はシェフの夢を目指せと告げる。
ふたりは互いに約束を交わす。


デッドライン16

『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 ①

名うての殺し屋、ヒロシ。
その筋で彼の名を知らぬものはいなかった。
恐れられ敬われる彼。だが、彼の身体は長年の飲酒によってとうに限界を迎えていた。
今日も彼のもとに殺しの依頼が入る。
これが最後の仕事--そう心に決めてヒロシは立ち上がる。

バーで飲んでいるターゲットを襲撃するヒロシ。しかし彼は仕留め損ねてしまう。
ミスを犯したものは粛清されるのが掟。ヒロシもまた例外ではなかった。
追うものから追われるものへ。ヒロシは母の故郷沖縄へ逃亡した。


デッドライン2


沖縄。
砂浜に座り、煙草を2本くわえて火をつけるヒロシ。
足元には母親の位牌と泡盛の瓶。
ヒロシは煙草の一本を母親の位牌のそばに立てた。
ぼんやりと海を眺めるヒロシ。すると海からひとりの青年があがってきた。


デッドライン6


青年は抱えている魚籠から獲物を投げてよこした。
泡盛をラッパ飲みするヒロシ。ふと見ると青年の膝が切れて血が流れている。
ヒロシはその傷口に泡盛を吹きつけた。

夜。
ヒロシは母の妹が経営するバーを訪れていた。
そこに昼間の青年が現れる。
青年の名はキヨミツ。彼は母の妹の息子、つまり甥であった。
キヨミツとヒロシが知りあいであることを知り、カウンターに立つ彼女は苦い顔をする。


デッドライン8

8月9日(水)からの作品+舞台挨拶告知

8月9日(水)からの作品
★8月9日~9月5日
『オレとアイツの集金旅行』
監督:いまおかしんじ
脚本:羽坂 学 佐藤 稔
撮影:鏡 早智 編集:蛭田智子 助監督:女池 充 坂本 礼 
スチール:千葉朋昭 音楽:下社敦郎 録音:山口勉
MA:シンクワイヤ 仕上:東映ラボ・テック 制作:いまおかプロ 提供:オーピー映画株式会社
出演:うっちぃ 櫻井拓也 佐藤 宏 麻木貴仁 鵺神 蓮 二ノ宮隆太郎 るう Syo 福島光生
今泉浩一 青山吉良 千葉向月 ジュン 北村貴寿 大村 諒

【解説】
いまおかしんじ監督初のゲイ作品はおかしなふたりのちょっとほろ苦い性春ロードムービー!
老舗ゲイバー『ファインボーイ』開店30周年を記念するパーティーの最中、突然オーナーのイシイが急死!
あえなく閉店となったファインボーイ。退職金もでない状況に憤る従業員たちに、オーナーの愛人タカノは
“常連からツケを回収して自分たちでなんとかしろ”と台帳をつきつけた。
取り立て役を任されたマネージャーのトオルと売り専ボーイのケンイチ。
ふたりは足を引っ張りあいながら、ツケのたまった客を探す旅に出る。
ふたりを待ち受ける、ひと癖もふた癖もある人物。
はたしてふたりは無事金を回収して帰ることができるのか。


p_op_shukin[1]


☆8月20日 15時15分より『オレとアイツの集金旅行』公開を記念して舞台挨拶を行います!
登壇予定者:いまおかしんじ監督 うっちぃ 櫻井拓也 千葉向月 麻木貴仁 佐藤 宏 二ノ宮隆太郎 鵺神 蓮
司会:羽坂 学
※登壇者は予定です。変更になる可能性があります。御了承ください。


-8月22日まで-
『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』
監督:新里猛作
脚本:中野 太
撮影:中本憲政 助監督:藤原健一 大西 裕
音楽:GAIYA 録音:シネ・キャビン 編集:酒井正次 製作・配給:ENKプロモーション
出演:佐野和宏 富山敦史 宮城青葉 けーすけ 久保田大貴
深沢和明 ラマン・ジョーダン 城武瑞バイロン 愛染恭子

【解説】
初老でゲイの殺し屋ヒロシ。酒に蝕まれた彼の身体はとうに限界を超えていた。
これが最後と決めた仕事。だが、彼はターゲットを仕留め損ねてしまう。
ミスを犯したものは粛清される決まり。ヒロシもまた、例外ではなかった。
追われる身となったヒロシは母の故郷、沖縄へと飛ぶ。
母の位牌を傍らに海を見つめるヒロシの前に、美しい青年キヨミツが現れる。
キヨミツはヒロシの甥であった。
キヨミツと過ごす日々はヒロシの心に束の間の平穏をもたらした。
だが、組織の追手は沖縄までのび、キヨミツまでも危険にさらされようとしていた…。
オール沖縄ロケで鮮烈に描かれたハードボイルド・ゲイムービー。
初老の殺し屋役を名優・佐野和宏が好演。


p_deadline[1]


-上映時間-
『オレとアイツの集金旅行』 10:50 / 13:05 / 15:20 / 17:35 / 19:50
『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 11:55 / 14:10 / 16:25 / 18:40
★金・土オールナイト
『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 20:55 / 23:15 / 1:30 / 3:45
『オレとアイツの集金旅行』 22:10 / 0:25 / 2:40

8月20日 舞台挨拶特別編成
『デッドライン ~島唄よ響け、男たちの魂に~』 10:40 / 12:55 / 16:10 / 18:35
『オレとアイツの集金旅行』 11:50 / 14:10 / 17:20 / 19:45
舞台挨拶 15:15
◆プロフィール◆

横浜光音座 Ⅰ

Author:横浜光音座 Ⅰ
所在地:
〒231-0065
神奈川県横浜市中区宮川町2-59
TEL.045(231)0837
交通・最寄駅:
◆京急線
日ノ出町駅より徒歩2分
◆JR線
桜木町駅より徒歩8分

◆ MENU ◆
◆最新記事◆
◆リンク◆
◆ Twitter ◆